田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 2月号

1月4日(水)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

海に近い9DKが136万円!瓦の名産地に佇む築100年以上の古民家【愛媛県今治市】

掲載:2023年1月号

2022年11月上旬の情報です。
すでに契約済みの場合があります。
最新情報はこちら!→今治市空き家バンク

鎌倉時代から城の屋根などを守ってきた伝統の「菊間瓦」。その産地である菊間地域に、歴史が感じられる古民家がある。家屋の補修は必要だが、DIYに挑戦したり、近くの海岸を散策するなど、さまざまな暮らしの楽しみが発掘できそうだ。

菊間地域の葉山の海岸沿いでは、海の蜃気楼の影響で、2つの円が重なるように見える「だるま夕日」が堪能できる。物件から車で5分ほどの場所にはスーパーがあり、生活環境も良好。

 

庭付き2階建ての9DK!床や壁の修繕は必要

ナンテンやサザンカがきれいな庭は、適度に手入れされている。写真左から、藤井さん、大家さんの親戚の渡部敏典さん、菊間支所住民サービス課の武田優子さん、中井さん。

 

風情ある階段や梁を生かし、DIYのやりがいも

 いぶし銀に輝き、その耐久性で750年以上前から城やお寺などを守ってきた「菊(きくまがわら)」の産地、菊間地域。海岸線を沿うように走る国道196号のすぐ脇に、この古民家が立つ。

「築100年以上は、経っていると思います。歴史情緒を感じたい人にはオススメです」

 と、案内してくれたのは、物件を管理しているトータルプランニングサービスの藤夫(ふじいたつお)さん。

 中に入れば、からくり屋敷のような階段や、木の原形が生かされた梁など、昔にタイムスリップしたような建具の数々。床などは沈んでいる部分が複数あり張り替えが必要だが、DIYを楽しむという手もあるだろう。2階は見晴らしがよく、冬でも暖かな陽光が差し込む。

【物件データ】
愛媛県今治市
136万円
土地:62坪・204㎡
延床:27坪・89㎡
取得費補助:最大70万円
改修費補助:最大500万円
家財処分費補助:最大25万円

9DK宅地平坦地都市計画区域外●築年数不詳水洗予讃線伊予亀岡駅より約500m●歴史情緒ある2階建て物件。和室に直結したトイレなど2カ所あり。数カ所雨漏り跡あり。床や屋根、壁などの大幅な補修が必要。表玄関手前に、軽自動車1台分の駐車スペースあり。見晴らしのいい海岸まで徒歩約5分。近隣では釣りもできる。スーパーへ約3.3km。
●問い合わせ先:地域振興課 ☎0898-36-1514

ここがオススメ
2階の窓からは、四季折々の畑の風景が楽しめる。残されているYAMAHAの足踏みオルガンは、今でも一部音が出る。

庭に面した玄関。ご近所さんが来たときに、気軽に座ってお茶を飲めそうなスペースもある。

1階奥の和室は、縁側付き。比較的傷みも少なく、窓を開ければ、より明るい空間になる。

ホウロウ製の湯船の浴室や階段、トイレなどには、しっかりとした手すり付き。

 

文・写真/吉野かぁこ

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ