田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 1月号

12月2日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【前回の結果】2021年版「住みたい田舎」ベストランキングを発表します!【東日本編】

 

甲信エリア【山梨・長野】

★は人口10万人以上の市 ※順位は点数順です。ここでは、小数第3位以下を切り捨てて表示しています。

12エリア別の平均点で3位となった甲信エリアも、全体的に総合部門の平均点が高いところです。入れ替わりはあまり激しくなく、わりと同じ自治体が上位に入っています。注目は1位の長野県飯田市です。

 

【注目】
長野県飯田市(いいだし)

リニア中央新幹線開通で東京や名古屋まで通勤可能に

長野県の南端に位置する飯田市は、南アルプス・中央アルプスの2つの山脈が見渡せ、雄大な自然を感じながら暮らせるところです。長野県にしては雪が少なく晴天率も高いため、温暖で暮らしやすいといえます。市では、仕事や住まいなどの生活環境、自然保育や地育力による子育て・教育環境の整備に力を入れています。将来、リニア中央新幹線が開業すると、東京や名古屋と数十分でつながることから、仕事は都市で、暮らしは飯田というライフスタイルも可能になります。
問 飯田市結いターン移住定住推進室
☎0265-22-4511(内5443)
https://www.city.iida.lg.jp/site/yuiturn/

雄大な南アルプスを望む飯田市。移住すると、こんな風景が毎日見られる。

田んぼで生き物観察をする子どもたち。自然に触れ合い、豊かな心を育む。

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ