田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら
  • 田舎暮らしの本 公式X(Twitter)はこちら

田舎暮らしの本 7月号

最新号のご案内

田舎暮らしの本 7月号

6月3日(月)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

ブサイク芸人2位(漫才劇場内 2019)・中山女子短期大学が語る地方創生の真実!|すだち、ゆず、野球独立リーグ…徳島県応援芸人として耕作放棄地の再生・地域活性化に挑む!

執筆者:

全国に広がっている住みます芸人の笑いあふれる地域協力活動にフィーチャーした、「47都道府県エリアプロジェクト(あなたの街に“住みます”プロジェクト)」をレポートする本連載。

この記事の画像一覧を見る(5枚)

 今回は、「よしもと男前・ブサイク芸人ランキング 2019(漫才劇場内のランキング)」でブサイク芸人の2位に輝き、「R-1ぐらんぷり2014」や「第36回 ABCお笑いグランプリ」で決勝に進出するなど、賞レースの舞台でも活躍しているピン芸人・中山女子短期大学さんの“徳島県応援芸人”の活動をクローズアップ! 大阪府に住みながら徳島県の耕作放棄地の再生をテーマに「木頭(きとう)ゆず」の栽培や、自身が立ち上げた「トリキるプロジェクト」に力を入れて活動しています。

徳島県応援芸人の中山女子短期大学

徳島県応援芸人
中山女子短期大学

なかやまじょしたんきだいがく|1986年10月6日生まれ。徳島県徳島市出身。ピン芸人。NSC大阪校28期生。芸歴14年。2014年「R‐1ぐらんぷり」決勝進出。よしもと漫才劇場2019ブサイク芸人2位。クイズが得意で「パネルクイズアタック25」で優勝経験あり。趣味はスポーツ観戦、歴史、洋楽、早押しクイズ。特技は飲食店掛け持ちで10年以上働いたので料理が得意なのと、八百屋バイト経験があって野菜に詳しい。同期は、稲田直樹(アインシュタイン)、すゑひろがりず など。

徳島県応援芸人歴:2018年4月~
活動拠点:徳島県那賀町(応援芸人のため、住居は大阪府)
主な活動:地域イベント各種出演、野球独立リーグ徳島インディゴソックススタジアムDJ、那賀町木頭ゆず畑耕作放棄地再生、すだち収穫体験開催、木頭ゆず・すだち収穫店舗卸販売。

TVレギュラー:「ゴジカル!」(JRT四国放送)

X(旧Twitter):@joshinaka
Instagram:nakayama.joshi.td
YouTube:中山パワフル女子短期大学

徳島県

徳島県は四国地方の東部に位置していて、とにかく水辺が多い印象です。全国的に有名な鳴門(なると)の渦潮、大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)などの景勝地に加えて、徳島市内にも吉野川が流れ、繁華街にも水辺があり市民の憩いの場になっています。僕は徳島市出身で、子どもの頃には近所に遊べる川や海水浴場があって、夏になると大自然に遊びに出かけていたものです。近年では海辺はサーフスポット、釣りのポイントとして、吉野川の上流ではラフティングの世界大会が開かれるなど、水辺を活かしたレジャーが楽しめる県となりました。また、徳島ラーメンは個人的には、もっと主流のご当地ラーメンとして日本中に知られるべき存在だと思っております」(中山女子短期大学さん。以下、省略)

 

大阪と徳島を行き来する応援芸人の生活

中山女子短期大学さんは、ほかの住みます芸人さんとは少し違い、大阪に住みながら地元徳島へ行き来し、お仕事をされているとのこと。つまり、徳島県を応援する芸人=徳島県応援芸人として活動しています。早速ですが、お話を聞いてみました。

芸人を志した当初から、地元に貢献したいという思いは強かったので、前任者が退任するタイミングで大阪に住みながらにはなりますが、住みます芸人に手を挙げさしてもらいました」。地元への強い愛情と貢献心が感じられます。

地方の子どもたちには、初めて触れ合う芸人になるということも多いので子どもたちにしっかり楽しんでもらえるようにしています。また大阪と行き来しているという特性を活かして関西圏の皆さんに徳島の良さを伝え興味を持っていただくことを大事にしています

| 徳島での特徴的なお仕事

 具体的にはどのような活動をされているのでしょうか?

大阪で芸人として活動しながら、ネタでも全国レベルで勝負できるように大阪で研鑽を積んでいます。その一方で、徳島での活動にも力を入れており、地元の魅力を発信することに努めています。

 僕の徳島での特徴的なお仕事は2つで野球独立リーグのスタジアムDJすだちとゆずを収穫し大阪に出荷していることです

| 野球独立リーグの熱い戦いをアナウンスで盛り上げる

 まず、野球独立リーグのスタジアムDJとしてのお仕事について詳しく伺いました。

野球の独立リーグ『徳島インディゴソックス』のスタジアムDJとして、試合中のアナウンスと盛り上げを担当させていただいてます。独立リーグ、特に徳島が属する四国アイランドリーグプラスはNPB、いわゆる“プロ野球選手”を目指す選手が集まり、研鑽を積むリーグで、スカウトの目に留まれば、秋のドラフト指名のチャンスを得る仕組みです。様々な境遇の選手が集まり、満足な環境とはいえない地方球場での熱い戦いは、ほかのカテゴリーにはない独特の魅力があります

 スタジアムDJを始めた初年度から衝撃的な選手たちとの出会いがあったそうです。

中卒で土木作業員として働きながらプロ野球選手を夢見た選手や、各年代で日本代表を経験したがドラフト指名を逃し、最後のチャンスを求めて来た選手、高校野球のスターなのに大学を中退し一度野球を諦めかけた“消えた天才”、ミャンマー人初のプロ野球選手、劇団四季の俳優として活動していた選手まで多様なバックグラウンドを持つ選手が徳島に集い、一つのボールを追う姿は心にブッ刺さりました。

 徳島球団は11年連続ドラフト指名の実績を誇り、昨年は史上最多の6人が指名され、独立リーグ最高の2位指名選手も輩出しました。地方での球団の運営は苦労が絶えないでしょうが、スタッフが選手の成長を信じて取り組んでいる結果が、このような実績に繋がっているのでしょう」

独立リーグ「徳島インディゴソックス」のスタジアムDJとして子どもたちに野球の素晴らしさを伝えている徳島県応援芸人の中山女子短期大学さん

「球場にはNPBのような演出の派手さもないので、僕の役目は球場に来た少年少女に楽しんでもらえるよう声で試合を盛り上げることです。

 子どものなかには、初めての野球観戦になるという子も多いので、野球場の原風景として心に残る1試合をなんとか盛り上げられるように心がけているんですが、職業病なのか、最近では、プロ野球中継を見ていても、アナウンスや球場イベントに目が向くようになりました(笑)。

 僕も幼い頃野球選手を夢見た少年の1人として、仕事の枠を超えた体験となっています」と、熱く語ってくれました。

 ↓↓ 次ページ「柑橘王国徳島:特産品のすだちとゆずの収穫と出荷」 ↓↓ 

この記事のタグ

田舎暮らしの記事をシェアする

田舎暮らしの関連記事

2024年版『住みたい田舎ベストランキング』四国エリアのTOP10を発表! 若い世代への支援が充実

【地方創生SDGs】葉っぱビジネスとごみゼロの山里。住民主体で実現した奇跡【徳島県上勝町】

とくしま移住のリアルな話が聞ける! 「とくしま回帰セミナー」を東京で開催

日本最大の産地・南九州を襲うサツマイモ基腐病!「みんなのサツマイモを守るプロジェクト」シンポジウムで対策を議論!【食文化を守れ!レポート】

人気焼酎の販売休止…20XX年にはサツマイモが無くなるかも?農家に大打撃!恐ろしい病害「サツマイモ基腐病」とは

山とパンが好き! 木の家と薪窯をつくって夫婦でパン屋に【徳島県吉野川市】

【築100年古民家】絵本のような絶景に包まれた秘境の美しい伝統住宅!200万円の9LDKはほぼ改修不要!? 宿泊施設や飲食店にも活用可能!【福島県金山町】

海・山一望の大規模ニュータウン「伊豆下田オーシャンビュー蓮台寺高原」には素敵な物件がたくさん【静岡県下田市】

子育て移住にもオススメ! のどかな果樹園に囲まれ、教育環境も整った人気のエリア【広島県三次市】