田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら
  • 田舎暮らしの本 公式X(Twitter)はこちら

田舎暮らしの本 8月号

最新号のご案内

田舎暮らしの本 8月号

7月3日(水)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

車中泊の新境地へ!【日産キャラバンMYROOM】デザイナーズホテルのよう!究極のキャンパー仕様で至高のアウトドア体験を!自由自在なアレンジで超快適

執筆者:

話題の日産キャラバンMYROOMがいよいよ正式デビュー

この記事の画像一覧を見る(10枚)

昨年2023年10月に登場した「日産キャラバンMYROOM」が話題を呼んでいます。「キャラバンMYROOM」は新たな車中泊のカタチを提案するモデルで、特別仕様として誕生した「キャラバンMYROOM ローンチエディション」はすでに販売が終了していますが、アウトドアレジャー志向のユーザーからの反響が大きく、今夏よりカタログモデルとして登場することが決まっています。

 カタログモデルの車両価格や装備はまだ明らかになっていませんが、ローンチエディションの価格は¥5,958,700〜¥7,140,1700でした。

部屋ごと自然の中に持ち込んだようなリラックスできる空間

 日産キャラバンはもともと、宅配便や営業車、送迎車向けといった、プロ仕様として開発されたクルマですが、その大きな荷室・居住空間、取り回しのよさから、キャンプやサーフィンなどアウトドアレジャーや個人ユースで大活躍しています。

 いま話題となっている「キャラバンMYROOM」は、ロングボディのGRANDプレミアムGX(2WDと4WD)をベースに、車中泊用ベッドを備えた、これまでにないカテゴリーのクルマです。

ロングボディ仕様に車中泊用ベッドを備えた、これまでにないカテゴリーのクルマだ

アウトドアレジャー志向のユーザーからの反響が大きく、今夏よりカタログモデルとして登場

 インテリアはルーフやブラインドなど多くの部分に木目をふんだんに使うことで、まるで最近流行りのデザイナーズホテルのような雰囲気。ベッドとテーブルのレイアウトを組み合わせることで、リビングルームモードやベッドルームモード、ダイニングモードと、車内を自由にアレンジできるのも新鮮で、これまでのキャンパー仕様とちょっと違うリラックスできる空間というコンセプトです。

 この「お気に入りの部屋ごと自然の中に持ち込む」という発想が、そのまま車名となっています。

室内は木目をふんだんに使うことで、まるで最近流行りのデザイナーズホテルのような雰囲気

「2 in 1」シート構造と、2つのパターンのベッドを設定

 キャンパー仕様のポイントなるのが、用途に合わせて簡単にシートをアレンジすることが可能な2列目シートです。シート表裏で硬さが異なるクッションパッドを採用した「2 in 1」シート構造とすることで、走行時には程よい硬さで快適な乗り心地を実現し、駐車時に後部座席側に反転させて使用する際には、柔らかなソファ、ゆっくりと休めるベッドとなります。

2列目シートはシート表裏で硬さが異なるクッションパッドを採用した「2in1」シート構造

 車中泊用のベッドは、折りたたみ式と跳ね上げ式の2つのパターンから選択できます。折りたたみ式は2分割になっているためさまざまなアレンジが可能で、跳ね上げ式はワンアクションで展開できるのが特徴となっています。

車中泊用のベッドは、折りたたみ式と跳ね上げ式の2つのパターンから選択可

 電気自動車「日産リーフ」で使用されていたバッテリーを再利用した「ポータブルバッテリー from LEAF」を装備し、ここから給電することで、電源のない場所でも車内のAC100V電源を活用できるのも注目ポイントです。

リーフの使用済みEVバッテリーを再利用する高品質・高耐久性バッテリーもディーラーオプションで用意

 なおローンチエディションには、ウッドブラインド、スポット照明付きの木目調ルーフパネル、ロールスクリーンが標準装備され、シアタールームとしても楽しめるようになっていました。

 今夏発表されるカタログモデルの「キャラバンMYROOM」がどんな仕様になるのかまだわかりませんが、大きな注目は集めるのは間違いないでしょう。

AC100Vコンセントや停車時換気システムを用意

一部の道の駅やRVパークなどにある外部電源にも対応している

 また、6月12日には、NVバネットにも「MYROOM」仕様が設定されることが発表されました。こちらは今冬の発売開始ということですが、反響が大きいようです。

「お気に入りの部屋ごと自然の中に持ち込む」がコンセプト

文:近藤暁史

この記事の画像一覧

  • 話題の日産キャラバンMYROOMがいよいよ正式デビュー
  • ロングボディ仕様に車中泊用ベッドを備えた、これまでにないカテゴリーのクルマだ
  • アウトドアレジャー志向のユーザーからの反響が大きく、今夏よりカタログモデルとして登場
  • 室内は木目をふんだんに使うことで、まるで最近流行りのデザイナーズホテルのような雰囲気
  • 2列目シートはシート表裏で硬さが異なるクッションパッドを採用した「2in1」シート構造
  • 車中泊用のベッドは、折りたたみ式と跳ね上げ式の2つのパターンから選択可
  • リーフの使用済みEVバッテリーを再利用する高品質・高耐久性バッテリーもディーラーオプションで用意
  • AC100Vコンセントや停車時換気システムを用意
  • 一部の道の駅やRVパークなどにある外部電源にも対応している
  • 「お気に入りの部屋ごと自然の中に持ち込む」がコンセプト

この記事の画像一覧を見る(10枚)

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

近藤暁史

こんどう あきふみ|編集・ライター。男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

Website:https://office-mushroom.com/

田舎暮らしの記事をシェアする

田舎暮らしの関連記事

【新作限定アイス】ハーゲンダッツ40周年記念!期間限定フレーバー大特集!この夏おすすめ「紅苺-完熟-」は果肉たっぷりで至福の味わい!

【保存版】キャンパー必見!ルーフテントで簡単快適キャンプがトレンドに!? 再注目されるポップアップルーフ車の歴史|人気車種とその魅力を徹底解説

【特別な絶景体験】日本初の空中レストラン&ハイジ気分の巨大ブランコで夏満喫!最高の避暑地・長野県白馬村で感動アクティビティ!ご来光ツアーや絶景ヨガも!

花火大会 人気ランキング2024!東西日本の注目20選!見どころや開催・アクセス情報、有料席&100倍楽しめる魅力的な観覧ツアーまで徹底解説!

岡山県のプロ直伝!絶品フルーツ「桃とブドウ」の極上な食べ方を大公開!旬の美味しさの秘密や+αで最大限に美味しくなる簡単アレンジレシピを徹底解説

小さな畑で多品種、多収量!自然菜園でプチ自給 /なりはじめは小さめで穫るとその後の実付きがよくなるゴーヤー【第3回】

【築100年古民家】絵本のような絶景に包まれた秘境の美しい伝統住宅!200万円の9LDKはほぼ改修不要!? 宿泊施設や飲食店にも活用可能!【福島県金山町】

海・山一望の大規模ニュータウン「伊豆下田オーシャンビュー蓮台寺高原」には素敵な物件がたくさん【静岡県下田市】

子育て移住にもオススメ! のどかな果樹園に囲まれ、教育環境も整った人気のエリア【広島県三次市】