田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 2月号

1月4日(水)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

75万円の売家は7DKで倉庫付き。「農畜水産業の盛んなまち」で美味いもの三昧!【鳥取県琴浦町】

掲載:2022年11月号

2022年10月上旬の情報です。
すでに契約済みの場合があります。
最新情報はこちら!→ 琴浦町移住定住サイト「空き家ナビ」

日本海と中国地方最高峰の大山(だいせん)に挟まれ、肥沃な大地が広がる琴浦町(ことうらちょう)は、鳥取県のほぼ中央に位置。農畜水産業が盛んで、美味しいものがたくさんあるまちだ。今回は、広々とした間取りで大家族にもおすすめしたい物件を紹介しよう。

船上山

 琴浦町には、後醍醐天皇ゆかりの「船上山(せんじょうさん)」、浜辺の石が心地よい音を奏でる「鳴り石の浜」など、自然豊かな史跡や観光地がたくさんある。

 船上山の東側は山腹一帯にわたって約100万年前に形成された幅約600mの溶岩壁となっている。春は桜・青葉・山菜採り、夏はキャンプ・登山、秋は紅葉と四季折々に訪れる人を楽しませている。

 船上山は、平安時代の初期ごろから山岳仏教が栄え、修験道の霊場となっていた。鎌倉時代末期に隠岐へ流された後醍醐天皇は、1333年に隠岐を脱出。武将・名和長年(なわながとし)に奉ぜられて、「船上山の戦い」で鎌倉幕府軍に勝利した。

 丸い石で一面を覆われた鳴り石の浜は、日本海に沈む輝く夕陽が美しい。波が打ち寄せて「カラコロ」と鳴る石の音が珍しく、なんとも心地いい浜辺だ。“よく鳴る”パワースポットで、運気が「良くなる」ことを願って散策してみたい。

自然豊かな環境、部屋数が多い物件

 カヌー教室などの野外活動を行う、船上山少年自然の家が近くにある、山あいののどかな環境に立地する木造2階建て。定期的に掃除や除草が行われている。築49年になる物件だが、雨漏りは現時点ではない。駅、スーパー、病院など車で15分以内の立地で、部屋数も7DKと多く、子育て世帯にぴったり。

 2台分の駐車スペースや倉庫もあり、DIYしながら築49年の建物を再生してみるのも一興。

 地元民のスーパーとしても利用されている「道の駅ポート赤碕」や「道の駅琴の浦」も車で15分以内、赤碕港で水揚げされた新鮮な魚介が揃っている。

【物件データ】
鳥取県琴浦町
75万円
土地:57坪・191㎡
延床:50坪・168㎡
取得費補助:最大40万円
改修費補助:最大90万円
家財処分費補助:最大20万円

●7DK●宅地●平坦地●法令制限不明●築49年●汲み取り式トイレ●山陰自動車道琴浦船上山ICより約12㎞●山あいののどかな環境に位置する。駅、スーパー、病院など車で15分以内。車庫・駐車スペース2台分あり。下水道の接続が必要。水回りなど大幅な補修が必要。畳、壁、床などがかなり傷んでおり、必要に応じてリフォームが必要。家財撤去済み。
●問い合わせ先:琴浦町役場 企画政策課 ☎0858-52-1708

1階の洋室。家財撤去済みなので、スッキリしている。壁面にシミがあるので、DIYで補修したい。

和室が3間あり、かなり広々とした空間。雨漏りはない。

漆黒の長押(なげし)と柱が古民家のような雰囲気を醸している。

別の角度からの和室の様子。ところどころ傷んでいるので、壁紙や畳の張替えをおすすめしたい。

大きな窓が2つある2階の和室も広々。しっかり光が入るので、気持ちよく過ごせそうだ。

板張りのキッチンは、全面的に改修が必要。 琴浦町移住定住サイト「空き家ナビ」登録物件に町外からの移住者が入居(購入・賃貸)した場合、リフォーム代の補助が受けられるので活用したい。

シンプルなバスルームは洗い場が広め。ボイラーを交換する必要がある。

大小が個室に分かれているトイレ。下水道に接続して水洗化したいところだ。

【鳥取県 琴浦町の魅力】
子育て環境が整う、暮らしやすいまち

 スローにもアクティブにも一人一人にあった暮らしができるまち。企業や医療機関が多く、待機児童ゼロなど子育て支援や移住支援も手厚い。

 県内有数の農畜産業どころで、野菜や果物、肉や乳製品、魚介類など新鮮で安全なものを食べることができる。就農を目指し農業研修を受ける人への支援も充実しており、就農前の相談から研修、就農後まで、町が雇用する就農コーディネーターがフォローしてくれる。新規就農希望者及び移住希望者を対象としたツアーも実施されている。

 ふるさと納税の返礼品として10月より「旬のサラダセット 定期便」の発送を開始。栽培期間中に農薬や肥料、除草剤などは一切使用せずに育てられた野菜を使用しているのが特徴だ。

 移住後の暮らしを体験できるお試し住宅の施設もあり、最長1カ月(利用料金は泊数による)宿泊でき、空き家の内見時に利用する人も多く好評を博している。

神埼神社
寛永6年(1853年)に鳥取藩主の宮大工により建立された本殿は壮麗な彫刻が施され、鳥取県保護文化財の第1号に指定された。拝殿には天井に大きな龍が彫られ、3本の爪で「幸せの玉(宝珠)」をつかんでいる姿を見ることができる。

一向平キャンプ場

一向平(いっこうがなる)キャンプ場
大山隠岐国立公園の中にあるキャンプ場。フィンランド式サウナがオープンし、大人気。手ぶらサウナセットがおすすめだ。そのままテントに泊まれるサウナ付き宿泊プランもある。

琴浦グランサーモン

【とっとり琴浦グランサーモン】
高品質な純国産養殖サーモン。大山からの良質な地下水で育てられており、輸入サーモンと比べ脂肪分を抑え、あっさりとした身質が特徴。卵から成魚まで無投薬で丁寧に育てているので安心して食べられる。琴浦町では、水揚げ直前まで泳いでいた鮮度抜群の魚を一年中味わうことができる。

道の駅ポート赤碕
建物の背後には日本海が広がり、県内屈指の漁港・赤碕港を見ることもできる。充実した海産物や農産物の直売所をはじめ、日韓友好施設、遊具のあるふれあい広場など、琴浦町の魅力をたっぷりと楽しむことができる総合施設。

道の駅琴の浦
北に日本海、南に大山を一望できる絶好のビューポイント。赤碕港で水揚げされた鮮度抜群な海の幸が並ぶ鮮魚売り場やお土産コーナーなど、琴浦町自慢の特産品が充実。多くの旅行客や地元住民で賑わっている。

牛骨ラーメン

牛骨ラーメン
牛骨でだしをとる牛骨ラーメン。あっさりしつつも味わい深い名店が多数あり。地元でラーメンといえば「牛骨!」となるほど、地域に根付いているグルメ。

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ