田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら
  • 田舎暮らしの本 公式X(Twitter)はこちら

田舎暮らしの本 5月号

最新号のご案内

田舎暮らしの本 5月号

3月1日(金)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【田舎暮らしの困ること】プロが回答! 裏山を抱えた太い柱の古民家は、台所の床が下がって家が傾いた

執筆者:

田舎でのお悩みを、田舎暮らしのベテランライターが回答。家が傾いてしまった問題です。その原因はどこにあるのでしょうか?

購入した古民家は、台所の床が窓側に下がり気味。点検したら、裏山と建物の間に雨水が溜まってジメジメ。石の上に土台を載せた古い造りですが、木が腐りかけています。雨水をうまく処理するには、どうしたらいいですか。
東京都在住 下川さん●52歳

建物の北側は傷みやすい

 下川さんは移住後、台所が窓側に沈んでいることに気がついた。古民家ではよくあるケースだ。日が当たらない北側はもともと湿気が高いうえに、山から雨水が染み出てくる。土砂も少しずつ流れて地面を高くするので、水が流れると建物の周りがジメジメになりやすい。それが原因で土台が腐り、家が傾いてしまうのだ。

 いつもジメジメの敷地は健康にもよくない。雨水は生活排水と同様、敷地の外に出すのが基本になる。

泥や砂を溜める雨水マスも必要に

 雨水の処理は、排水路を新設するのが一般的(図参照)。まず建物の裏手で雨を集める設備が必要だが、コンクリート製のU字溝なら清掃もやりやすい。溝を掘ってU字溝を埋めるだけなので、器用な人ならセルフビルドも可能だ。施工は庇の真下に溝を掘り、雨が流れるように勾配をつけるといい。


雨水と合併浄化槽の処理水は、既存の排水路まで配管して敷地外に出すのが普通。敷地に穴を掘って排水する自然浸透は、目詰まりを起こしやすいので避けるべきだ。


屋根から雨が流れる北側と西側に排水路を設置。これで敷地のジメジメも解消する。

 さらに排水路を延長して、既存の排水路まで接続する必要がある。塩化ビニール製のパイプなら、価格はU字溝の4分のIくらいですむ。それを埋設するのだが、雨と一緒に泥や砂も流れるので、目詰まりの原因になりやすい。防ぐにはパイプの向きが変わるコーナーや、直線部分でも約100mおきに雨水マスを設置し、年に数回、内部を清掃するといい。


パイプと溜めマスを設置した排水路。マスは定期的に清掃が必要だ。

この記事のタグ

この記事を書いた人

山本一典

山本一典

田舎暮らしライター/1959年、北海道北見市生まれ。神奈川大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、85年からフリーライター。『毎日グラフ』『月刊ミリオン』で連載を執筆。87年の『田舎暮らしの本』創刊から取材スタッフとして活動。2001年に一家で福島県田村市都路町に移住。著書に『田舎不動産の見方・買い方』(宝島社)、『失敗しない田舎暮らし入門』『夫婦いっしょに田舎暮らしを実現する本』『お金がなくても田舎暮らしを成功させる100カ条』『福島で生きる!』(いずれも洋泉社)など。

Website:https://miyakozi81.blog.fc2.com/

田舎暮らしの記事をシェアする

田舎暮らしの関連記事

【田舎暮らしの困ること】プロが回答! 昔ながらのポットン便所に耐えられず水洗化。トイレ改造で予算オーバーに

島で暮らしたい人必見! 愛媛県松山市の島しょ部空き家バンク「離島の空き家」

首都圏へのアクセス良好な県都【長野県長野市】移住者大歓迎の信更エリアに立つ眺望自慢の補修不要物件

水の循環が感じられるアウトドアのまち“愛媛県西条市”の280万円一軒家|車で30分圏内に海・山・温泉の贅沢なロケーション!

大分県国東市が、子育て世帯の移住者向け「空き家活用住宅」の入居者を募集!【大分県国東市】

農家限定の1円物件!市街地近くで便利な立地の農家住宅7DK&農地【埼玉県熊谷市】

最短2カ月で信州に「会社員移住」!「仕事と家」をセットで支援【長野県須坂市】

1泊1000円!海まで徒歩2分!古民家をリノベしたおしゃれなお試し住宅で瀬戸内の海辺暮らしを体験【岡山県倉敷市】

豊富な地域資源にワクワク! 来て、見て、味わって、体験して。渋谷に窓口設置で移住者増のまち【福島県田村市 白石高司市長インタビュー】