田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら
  • 田舎暮らしの本 公式X(Twitter)はこちら

田舎暮らしの本 8月号

最新号のご案内

田舎暮らしの本 8月号

7月3日(水)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【最高の島暮らし】高台で眺望抜群の古民家が280万円!美味しい魚介、釣り、アウトドア三昧!観光地としても大人気!【岡山県備前市】移住にオススメ

執筆者:

この記事の画像一覧を見る(16枚)

「降水量1ミリ未満の日」が日本一多く、降水量が少ないことから“晴れの国おかやま”と称される岡山県。その最南東に位置する備前市(びぜんし)から、観光地としても人気の「頭島(かしらじま)」にある物件情報が届きました。赤、緑、青の3色でデザインされた備前市のマークは、炎の赤、里山の緑、里海の青を表しており、それぞれ、伝統工芸の備前焼、市北部の緑豊かな日本の原風景、南部の穏やかな瀬戸内の海を象徴しています。

 里山と里海を持つ備前市では、自然を満喫した暮らしが叶います。一方で、関西圏へのアクセスが良好で、中心エリアには、スーパー、ドラッグストア、ホームセンターなどが揃っており、ほどよい田舎暮らしをしたい方にもおすすめのまちです。

2024年6月の情報です。
すでに契約済みの場合があります。
最新情報は住まいる岡山をご覧ください。

伝統とデジタルが融合する教育のまち 岡山県備前市

 備前市は「教育のまち」として知られています。日本遺産にも認定された日本最古の庶民のための公立学校「旧閑谷(しずたに」学校」は、現在は岡山県青少年教育センター 閑谷学校として、青少年の学びと生活を支援する施設として活用され、開校当時に掲げたその学びの精神を今に伝えています。また、市内の全ての小中学校にはタブレットPCが貸与され、子どもたちは最新のデジタル技術を活用して学びを進めています。

 市民一人ひとりが人づくりを担うまちを目指しており、教育の質を高めるために家庭、学校、地域が連携・協力しています。

日本の原風景が残る、まちの北部

 まちの北部にある吉永エリアには、童謡を口ずさみたくなるような日本の原風景が広がっています。八塔寺山(はっとうじさん)へ続くつづら折りの坂道を登っていくと視界が開け、かやぶきの農家が点在するどこか懐かしい景色が現れます。近くには、八塔寺ふるさと館や宿泊施設があり、自然の中でゆったりと充実の時間を過ごすことができます。

穏やかな瀬戸内海を眺める、まちの南部

 まちの南部、日生エリアからは、瀬戸内海ならではの穏やかな海を愛でることができます。本州から橋で渡れる島が2島あり、山の恵みの果樹や海の恵みの魚介を楽しむことができます。

 電車やバスなどの公共交通機関でもアクセスしやすいまちです。今回紹介する物件はJR赤穂(あこう)線の日生駅が最寄り駅です。バス利用なら、大阪・広島から約2時間、岡山市からは約50分の距離です。

 ↓↓ 次ページでは、物件を紹介! ↓↓ 

この記事のタグ

田舎暮らしの記事をシェアする

田舎暮らしの関連記事

岡山県のプロ直伝!絶品フルーツ「桃とブドウ」の極上な食べ方を大公開!旬の美味しさの秘密や+αで最大限に美味しくなる簡単アレンジレシピを徹底解説

【リフォーム済み】300万円の6DKで快適な田舎暮らしをスタート【岡山県備前市】里海と里山のある教育のまちは子育て世帯におすすめ!釣りやSUPも楽しめる!

季節の果実の収穫を楽しめる果樹のある畑付き古民家!旅館のような古民家の広い土間で果実酒を仕込むスローな暮らしを!美しい川が流れ田畑が広がるのどかな立地の300万円の古民家。大阪まで車で約2時間「ちょうどええ」暮らしができる城下町【岡山県津山市】

【参加費無料】岡山県が、晴れの国DAKARAセミナー「はぐくみ。―親も子も『ほっ。』とする地域の居場所―」を開催【岡山県】

2024年版『住みたい田舎ベストランキング』中国エリアのTOP10を発表! 移住に手厚い自治体が多い

豊かな自然に囲まれた築100年以上の古民家が300万円! キッチン・トイレはリフォーム済みで屋根の状態も良好【岡山県備前市】

【築100年古民家】絵本のような絶景に包まれた秘境の美しい伝統住宅!200万円の9LDKはほぼ改修不要!? 宿泊施設や飲食店にも活用可能!【福島県金山町】

海・山一望の大規模ニュータウン「伊豆下田オーシャンビュー蓮台寺高原」には素敵な物件がたくさん【静岡県下田市】

子育て移住にもオススメ! のどかな果樹園に囲まれ、教育環境も整った人気のエリア【広島県三次市】