田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 1月号

12月2日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【公式】2022年版 第10回「住みたい田舎ベストランキング」を発表します!

 

◎北海道沼田町 住みやすさのポイント!

□旭川は生活圏。札幌は日帰り圏

□役場、学校、駅などが500m圏内のコンパクトタウン

□妊娠・出産、子育て、教育に手厚い支援

□住宅取得の助成が充実

移住体験メニューには雪中ドラム缶風呂もある。利雪で知られる沼田町では、道路除雪の雪も蓄えて米の貯蔵施設や図書館、シイタケ栽培などの冷却に活用。

 

◎島根県飯南町 住みやすさのポイント!

□夏は比較的涼しく、冬は山手でスキーが楽しめる高原のまち

□出産から育児、教育関連まで、絶え間ない子育て支援を提供

□25年間の賃貸後に所有権を譲渡する定住促進賃貸住宅など多様な住宅支援

子育て世代を対象としたセミオーダー型の定住促進賃貸住宅は、25年間入居すると土地・建物が譲渡される。

 

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ