田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 1月号

12月2日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【カツオで有名な温暖なまち】生活便利な「まちなか物件」が250万円! 海、温泉、病院も近い【鹿児島県枕崎市】

2022年9月上旬の情報です。
すでに契約済みの場合があります。
最新情報はこちら!→ 枕崎市空き家バンク

 

枕崎市(まくらざきし)は、鹿児島県薩摩半島の南端に位置し、年間を通して温暖なまち。古来よりカツオの一本釣漁業が盛んな「カツオのまち」として有名だ。今回紹介するのは、温泉にも近い2階建て4DKの物件。広めのベランダがあり、夕日を眺めながらゆっくりとした時間を楽しみたい。

 海越しに開聞岳(かいもんだけ)を望む茶畑。枕崎市は日本茶の生産が盛んで、新茶の摘採がいち早く始まる「走り新茶の里」。昭和初期から和紅茶の産地として知られており、国内で栽培されている紅茶用品種の母樹もある。

 火之神公園の沖300mには、高さ42mの奇岩・立神岩(たてがみいわ)が突出。東シナ海を一望できる温泉もある。無人駅の枕崎駅は日本本土最南端を走るJR九州指宿枕崎線の始発・終着駅となっている。

海と温泉が楽しめ、総合病院にも近く安心

 海や漁港が近く、釣り好きにオススメの木造2階建て。総合病院へ約800m、幼稚園まで300m、小学校まで1.6㎞、中学校まで2.2㎞、スーパーまで1.5㎞と生活利便施設も近く暮らしやすい。国道へのアクセスも良好で温泉や銭湯にも近い。

 物件は2階の洋室など、部分的な補修が必要。改修費の補助は、市内の業者が行う施工に限るが、最大20万円まで。家財処分費の補助は最大10万円まで受け取ることができる。

 花壇では家庭菜園も楽しめそうだ。

【物件データ】
鹿児島県枕崎市
250万円
土地:44坪・147㎡
延床:28坪・93㎡
菜園:あり

改修費補助:最大20万円
家財処分費補助:最大10万円

●4DK●宅地●平坦地●都市計画区域内非線引き●築45年●水洗トイレ●指宿(いぶすき)枕崎線枕崎駅より約1.2km●夕日が絶景の枕崎なぎさ温泉へ車で約3分の立地。床など部分的な補修が必要。車庫は1台分、倉庫付き。広めのベランダ付き。
●問い合わせ先:枕崎市企画調整課 ☎0993-76-1089

1階にある6帖の和室。奥には4帖半の和室が見える。

6帖の和室と連なる3帖半。サッシを開けると花壇が広がる。

2階にある6帖の洋室はシンプルなつくり。床など部分的な補修が必要。

広めのベランダもある。夕日を眺めながらゆっくり過ごしてみるのもいいだろう。

キッチンは収納が多い。

 タイル貼りのバスルームには、手すりやシャワーも。

水洗トイレは、大小の便器が並ぶレイアウト。温水洗浄便座が付いている。

【鹿児島県 枕崎市の魅力】
農業が盛んで就農支援が手厚いまち

 薩摩半島南西部、広大な東シナ海に面した枕崎市では、温暖な気候を生かした農業が盛んだ。お茶やサツマイモ、ソラマメなど特色豊かな作物が栽培されている。50歳未満の就農希望者に対して、経営開始時の支援金を交付する制度があるなど、就農支援が充実している。

 広大な東シナ海を望み、開聞岳と立神岩を同時に楽しめる景勝地「火之神公園」。公園内には、市内有志により設置された「未来をつむぐ幸せの鐘」がある。

 サツマイモの産地である枕崎市。市内の焼酎蔵では、明治時代より焼酎が作られている。敷地内には、サツマイモでつくった発泡酒を楽しめるビアハウスもある。

 漁師めしを現代風にアレンジした「枕崎鰹船人めし(まくらざきかつおふなどめし)」。鹿児島県の商店街グルメNo.1を決めるグランプリで2連覇し、殿堂入りとなった。

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ