田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 1月号

12月2日(金)
850円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

市の中心部に近い5DKが150万円! 車なしで暮らせて、約9坪の菜園スペースも【広島県三次市】

掲載:2022年11月号

2022年9月上旬の情報です。
すでに契約済みの場合があります。
最新情報はこちら!→三次市空き家バンク

市役所や大型商業施設がある中心部へ自転車でも10分以内という場所でありながら、歴史を伝える古い町並みやサクラと紅葉の名所に囲まれた風情あふれるロケーション。150万円の物件は設備の古さこそ否めないものの、適度にレトロな意匠が味わい深い。

物件のすぐ裏にある尾関山(おぜきやま)公園。春のサクラ、秋の紅葉の名所として知られ、徒歩10分ほどの山頂展望台からは三次(みよし)の市街地が一望できる。

 

中心市街地からほど近い閑静な住宅地の5DK

シュロの木がシンボルの一部2階建ての物件。家庭菜園などができる9坪ほどの庭付き。

 

サクラ&紅葉の名所に近く、車なしで暮らせる立地

 三方を川に囲まれ、古い町家や商家が城下町や宿場町として栄えた歴史を感じさせる三次地区。サクラや紅葉の名所として親しまれる尾関の東麓に位置するのが、5DKの物件だ。徒歩圏内に湯本豪一(ゆもとこういち)記念日本妖怪博物館、「三次物怪まつり」でおなじみの太歳神社(ださいじんじゃ)があり、公共施設や商業施設が集まる中心市街地へも車で5分ほどと近い。

 室内は、1階に洋室が2室と床が下地状態の板間が1室、2階に和室2室という構成。一部の部屋に床のたわみがあり、キッチンの勝手口の木戸に隙間があることに加え、劣化が目立つ五右衛門風呂など、改修が望ましい箇所が散見される。とはいえ150万円という価格からすれば妥当。和式の汲取トイレを水洗化する場合は、下水道は敷地前まで引かれているので接続工事をすればいい。駐車場がないという問題も、目の前にある貸駐車場を月3500円で借りられる。立地も踏まえると、車1台を所有する子育て世帯や、車を持たない生活を望む人などに適した物件といえるだろう。

【物件データ】
広島県三次市
150万円
土地:49坪・165㎡
延床:25坪・85㎡
菜園:あり
取得費補助:最大15万円
改修費補助:最大100万円

5DK宅地平坦地第一種住居地域●築58年汲取中国自動車道三次ICより約4.4km三次町(みよしまち)の木造2階建て。産科・婦人科へ約500m、芸備線三次駅へ2. 4km、ショッピングセンターのサングリーンへ約2.5km、君田温泉へ約12km。接道条件を満たさず再建築不可。土砂災害警戒区域(急傾斜地)、洪水想定区域。
●問い合わせ先:定住対策・暮らし支援課 ☎0824-62-6129

バルコニー付きの2階には2間続きの和室があり、障子の破れ以外に目立った傷みはない。

キッチンは壁付けのシンプルなタイプ。左右に広く確保された窓からは明るい光が入る。

南側の庭に面した2面採光の洋室は、天井の照明器具が優雅な雰囲気を漂わせる。

玄関ホール直結の広縁。隣家が迫るので景観はよくないが、多目的に活用できる広さ。

タイル張りのレトロな浴室。薪で焚く五右衛門風呂だが、浴槽底の鉄部の錆が激しく、煙突も取り外されている。

 

文・写真/笹木博幸

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ