田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら
  • 田舎暮らしの本 公式X(Twitter)はこちら

田舎暮らしの本 6月号

最新号のご案内

田舎暮らしの本 6月号

5月2日(木)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【肉の聖地】の絶品料理5選!「牛そずり鍋」「ホルモンうどん」「ヨメナカセ」……岡山県津山市には独特な牛肉文化があった!

肉の聖地・岡山県津山市の絶品牛肉料理

岡山県の北部に位置する津山市は、ちょうどいい暮らしやすさで注目され、人気を集めている地域。肉食が禁止されていた明治以前から「養生食い(ようじょうぐい)」という習慣があり、一般的に牛肉が食べられていました。

 今回は、独特な牛肉文化が深く根付く津山の肉文化について、一風変わった絶品料理と併せてご紹介します!

この記事の画像一覧を見る(8枚)

津山と牛肉の歴史とは?

 津山市は、山陰と山陽を結ぶ交通の要所であったため、農耕や輸送に用いるための牛を送り出す中心市場として繁栄していたそう。西暦675年から仏教の教えにより「肉食禁止令」が出されて以降、江戸時代に至るまでの1000年以上もの長期間、日本人には肉食を嫌悪する風習が定着していました。

 このような状況のなか、彦根藩(滋賀)と牛市が繁栄していた津山藩のみが、肉を薬として食べる「養生食」として肉食が認められており、津山の肉文化の起源となったといわれています。

岡山県津山市のブランド牛「つやま和牛」

 特産品のつやま和牛は、全国の有名ブランド牛の素牛としても知られており、津山生まれ津山育ちで出荷されるほとんどが、A4~A5ランクという品質の高さも特徴です。

津山自慢の牛肉・干し肉料理をご紹介!

名前からはまったく想像できない!ヨメナカセ」

名前からはまったく想像できない「ヨメナカセ」(岡山県津山市)

 「ヨメナカセ」は津山地域の牛の大動脈の呼び名で、居酒屋などでは「ハツモト」や「コリコリ」などと呼ばれている部位。塩・コショウまたはしょうゆで味付けして、一品料理として提供されることが多いそう。軟骨のようなコリコリとした食感でイカのような旨みが印象的。

 ちなみに名前の由来は、「下処理が大変で嫁が泣く」「あまりに美味いので嫁には食べさせず泣かせる」など、諸説あるようです。

津山の冬の大定番!「牛そずり鍋」

岡山県津山市の冬の大定番「牛そずり鍋」

 牛そずり鍋は、牛の骨からそずり(津山の方言で「削る」)落とした肉とごぼうやニラ、豆腐などの具材を一緒に醤油ベースの甘辛な鍋だしでとろとろに煮込んで作られる郷土料理。

 濃厚さもありつつ、さっぱりとした上品な味わいが特徴で、締めに焼きそばの麺を入れて、肉と野菜の旨みが出たダシで食べるのが津山スタイルだとか。

史上最強のおつまみ?「干し肉」

岡山県津山市の史上最強のおつまみ「干し肉」

 棒状に切られた牛肉(主にモモ肉)に、塩をまぶして2~3日乾燥させることで肉の水分が飛び、旨みが凝縮。ビーフジャーキーとは違った、しっとりとした食感が楽しめます。噛めば噛むほど、肉の旨みが出てきて食べる手が止まりません。

 酒の肴にピッタリで、味がついているのでそのままでも美味しいですが、マヨネーズや七味をつけて食べるのもおすすめです。

まだまだある! これを食べれば、肌もぷるぷるに? コラーゲンたっぷりな2品をご紹介

魚じゃないのは津山だけ!「牛肉の煮こごり」

魚じゃない「牛肉の煮こごり」(岡山県津山市)

 「煮こごり」というと一般的には魚をイメージしますが、津山では牛肉を使ったものが一般的。すじ肉・アキレスなどの部位とネギをとろ火で何時間も煮込んで作られる料理です。

 家庭や店によってレシピが違い、薬味でミカンの皮が入っているものも。牛肉のうまみとピール感がたまらない一品です。

絶対に外せない、津山といえばコレ!「ホルモンうどん」

ホルモンのプリプリな食感とうどんの相性が抜群な「ホルモンうどん」

 B級グルメでいわずと知れた「ホルモンうどん」も津山発祥。新鮮なホルモンなので臭みもなく、ビタミン、鉄分、カルシウムなど栄養が豊富に含まれたホルモンは、正肉に比べても低カロリーでヘルシー!

 そんな津山市民のお酒の締めは、ホルモンうどんが定番。津山市内では50店舗以上の飲食店で提供されており、なかには50年前から提供しているお店もあるそうです。

今なら東京で津山の肉料理が楽しめる!

津山の肉料理が楽しめる「干し肉フェア」は3月14日(火)まで

 3月1日(水)~14日(火)の2週間限定で「とっとり・おかやま新橋館」2F の「ももてなし家」にて、『干し肉フェア』が開催中!  個性溢れる津山の肉料理を楽しむことができます。

 東京では滅多に食べられない、歴史ある肉文化から生まれた個性あふれる料理をぜひこの機会に食べてみてはいかがでしょうか。

ビストロカフェ ももてなし家
住所:東京都港区新橋1-11-7 新橋センタープレイス2階
(東京メトロ銀座線 新橋駅3番出口すぐ)
営業時間:11:00~22:00/L.O. 21:00
定休日:年中無休(12/31~1/3を除く)
TEL:03-6280-6475
HP:https://www.torioka.com/eat/

 

田舎暮らしの本編集部

この記事の画像一覧

  • 岡山県津山市のブランド牛「つやま和牛」
  • 肉の聖地・岡山県津山市の絶品牛肉料理
  • 名前からはまったく想像できない「ヨメナカセ」(岡山県津山市)
  • 岡山県津山市の史上最強のおつまみ「干し肉」
  • 岡山県津山市の冬の大定番「牛そずり鍋」
  • 魚じゃない「牛肉の煮こごり」(岡山県津山市)
  • 絶対に外せない!岡山県津山市といえば「ホルモンうどん」
  • ビストロカフェ ももてなし家の「干し肉フェア」

この記事の画像一覧を見る(8枚)

この記事のタグ

田舎暮らしの記事をシェアする

田舎暮らしの関連記事

豊かな自然に囲まれた築100年以上の古民家が300万円! キッチン・トイレはリフォーム済みで屋根の状態も良好【岡山県備前市】

【80万円の古民家】心安らぐ五右衛門風呂と竈(かまど)のある「贅沢な日本の日常」を体験!釣りも海水浴も森林浴も楽しめる“ほどよい田舎暮らし”【岡山県備前市】

適度なサイズの庭と農地付き!河川敷に近い3K+離れの平屋は300万円【岡山県和気町】

駅が徒歩圏内の東南角地!約80坪の庭に囲まれた2階建て5DKは300万円【岡山県和気町】

築100年超の平屋を見つけ、愛犬2匹と快適な生活を満喫【岡山県和気町】

岡山県津山市で、農業体験しよう!「農業トライアルワーク」

【築100年古民家】絵本のような絶景に包まれた秘境の美しい伝統住宅!200万円の9LDKはほぼ改修不要!? 宿泊施設や飲食店にも活用可能!【福島県金山町】

海・山一望の大規模ニュータウン「伊豆下田オーシャンビュー蓮台寺高原」には素敵な物件がたくさん【静岡県下田市】

子育て移住にもオススメ! のどかな果樹園に囲まれ、教育環境も整った人気のエリア【広島県三次市】