田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら
  • 田舎暮らしの本 公式X(Twitter)はこちら

田舎暮らしの本 8月号

最新号のご案内

田舎暮らしの本 8月号

7月3日(水)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【地方創生SDGs】まちの困難を市民一丸となって克服! 「子どもSDGs」で未来の人材を育成【山口県宇部市】

執筆者:

「緑と花と彫刻のまちづくり」を官民が一体となって取り組んできた宇部市。幼少期から行う環境学習やアート教育に力を入れるほか、近年は子どもSDGsも推進している。未来に向けた人材育成環境の充実も、多くの人に移住先として選ばれる理由だろう。

掲載:2024年1月号

この記事の画像一覧を見る(11枚)

 

山口県宇部市のときわ公園
山口県宇部市(うべし)
山口県の南西部に位置し、人口は約16万人。動物園、遊園地、植物館などがまとめて楽しめる「ときわ公園」など、市内は緑と花と彫刻に彩られた独特の風景が広がり、市街地から海も山も川もほどよい近さ。東京・羽田空港から山口宇部空港まで約90分。空港内には無料で使えるコワーキングスペースを備えたワーケーション拠点も整備。

動物になりきって考え、環境問題や解決策を模索

山口県宇部市で開催された「せかい! 動物かんきょう会議」
「せかい! 動物かんきょう会議」では、子どもたちが演じたい動物の絵を描き、想像力を働かせながら生息地で起こっている問題を訴える。コロナ禍の2022年度は、タイやモンゴルの子どもたちとリモートライブ会議を行った。

「人材は宝」という考えのもと、未来を担う人材の育成に力を入れている宇部市。なかでも特徴的なのが、子どもたちへのSDGs教育だ。2018年、市が「SDGs未来都市」に選定されたことを機に取り組みを始めた「せかい! 動物かんきょう会議」は、子どもたちが動物の立場になって、身近な環境問題を考えるプログラム。

「私たちは自分中心に、損得でものごとを考えてしまいがちです。人間という視点を一度やめて、動物視点というポジションに立つことで、気づかなかった環境問題や今までにない新しい解決策が見えてきます」

 そう話すのは、連携共創推進課の大西義紀(おおにしよしのり)さん。子どもたちは動物になりきり、その動きをまね、どこに住みどんなことで困っているかなどを想像しながら、それぞれの立場からの目線で環境問題を議論する。プログラムは22年度までの5年間に82回行い、延べ2270人が参加。全国に広がっているこの取り組みのなかでも、18年から毎年開催している宇部市の存在は大きく、動物園を舞台にしたワークショップや、動物が語るSDGsコンセプトブック『Animal SDGs』誕生のきっかけになっている。

 中高生に向けても、市職員が講師を務める探求学習講座を実施。担当業務や市の事業・計画について説明され、中心市街地の活性化や地球温暖化問題、ジェンダー平等など、共有すべき行政課題についてさまざまな角度から意見交換を行っている。

山口県宇部市の「ときわ動物園」
国内で初めて全園に生息環境展示を取り入れた「ときわ動物園」。飼育数国内最多のシロテテナガザルは、水を怖がる性質を利用し、檻や柵が一切ない池の中の島で飼育されている。

山口県宇部市の野外プログラム
野外プログラムは「ときわ動物園」へ。自由に動き回る動物たちの生態や特徴、そして動物たちが直面する環境問題について学ぶ。

子どもたちがSDGsの課題を考える探求学習(山口県宇部市)
学生たちが市職員と一緒に、SDGsの課題を「自分ごと」と捉えて考える、探求学習の様子。

山口県宇部市の自然を生かした環境学習施設
豊かな自然を生かした環境学習施設が多いのも特徴。宇部市立小野小学校では、授業にカヌー学習を組み込んでいる。

 このような〝話し合い〞によるまちづくりの根底にあるのは、産官学民が一丸となり、ばいじん汚染を克服した宇部市独自の対策だ。明治以降、石炭産業の振興で栄えた宇部市では、発展とともに企業の石炭使用が増加し、「世界一灰の降るまち」といわれるほど降灰に苦しんだ。危機的事態に対し、全国で初めて市民・企業・学識者および行政の4者が1つのテーブルに着き、科学的調査データに基づく話し合いにより問題解決を図った。

 情報を市民にも公開したことが相乗効果となり、市の環境改善に成功。「宇部方式」と呼ばれるこの対策は、現代の公害対策の先駆的モデルとなり、1997年には国連環境計画(UNEP)から世界で環境問題に著しい貢献をした個人や団体に贈られる「グローバル500賞」を授与された。

 その後、市民一丸となった取り組みは、人の心とまちに潤いを取り戻すために始まった「緑化運動」「花いっぱい運動」、自然と人間の接点として広がった「まちを彫刻で飾る運動」といった市民運動の高まりにつながり、「緑と花と彫刻のまち」をキャッチフレーズとする現在の宇部のまちづくりのDNAとして受け継がれている。

「目指しているのは、まちの困難を市民協働で克服した宇部方式の精神を礎にした“みんなでつくる宇部”。自然や芸術に身近に触れながら、SDGsを意識し育った子どもたちが、大人になったときにどういう世界観で宇部市にかかわっていくのか。未来がとても楽しみです」

地域資源のメタバース空間を構築(山口県宇部市)
公園や動物園など地域資源のメタバース空間を構築し、IT産業やヘルスケア産業などのビジネス創出に活用。デジタル人材の育成にも注力する。

市内に設置されている野外彫刻(山口県宇部市)
市内に設置されている野外彫刻は約200点。世界で最も歴史ある野外彫刻の国際コンクール「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」は令和6年に30回目を迎える。

宇部市のSDGsここがスゴイ!

宇部市では、地域に受け継がれてきた「共存同栄・協同一致」の精神に基づき人材育成を通じ持続可能なまちづくりを目指す

●「せかい! 動物かんきょう会議」で子どものSDGs人材育成に取り組む
●市職員が講師となり学生のSDGs人材育成「探求学習支援」を実施
●市民・企業のSDGs人材育成に関する制度や補助金が充実
●SDGs課題解決の拠点「SDGs推進センター」を設置

山口県宇部市のSDGs担当者
「宇部市の子どもたちが世界の未来を変えていく。そんな人材になればうれしいです」(連携共創推進課 大西義紀さん)

宇部市のここがオススメ!

山口宇部空港に隣接する公園(山口県宇部市)
山口宇部空港に隣接する公園に整備された県内初のインクルーシブ遊具。「飛行機・空港・空」をテーマに、誰もが一緒に遊べる広場として多くの親子でにぎわう。

「永山本家酒造場」の日本酒「貴」(山口県宇部市)
霜降山(しもふりやま)の天然地下水と良質な酒造好適米、宇部の自然がおいしい日本酒を生み出す。特に「永山本家酒造場」の「貴(たか)」はすっきりした味わいで人気。

宇部市移住支援情報
自然豊かで空港に近いのが魅力。移住者が多く、二拠点居住にも人気

 本誌の2023年版「住みたい田舎ベストランキング」人口10万人以上20万人未満のまちで、総合部門3位の人気移住地。空港があることを強みに、都会の会社に勤めつつ生活拠点は田舎に置きたい人や二拠点居住を望む人にも注目されている。子育て支援が充実しているほか、オーダーメイドツアー、お試し住宅など、市独自の移住支援策も多彩。

問い合わせ:うべ移住・定住サポートセンター ☎0836-34-8480
宇部移住計画|山口県宇部市|おいでませ!うべ移住・定住サポートセンター

山口県宇部市での移住者交流会の様子
毎月1回、移住者同士が気軽に話せる交流会を開催。写真は23年6月に行われた田植え体験。

山口県宇部市の移住担当者
「宇部市への移住で気になることは、お気軽にご相談ください」(うべ移住・定住サポートセンター 古谷次郎さん)

 

文/佐藤明日香 写真提供/宇部市

この記事の画像一覧

  • 山口県宇部市のときわ公園
  • 山口県宇部市で開催された「せかい! 動物かんきょう会議」
  • 山口県宇部市の「ときわ動物園」
  • 山口県宇部市の野外プログラム
  • 子どもたちがSDGsの課題を考える探求学習(山口県宇部市)
  • 山口県宇部市の自然を生かした環境学習施設
  • 地域資源のメタバース空間を構築(山口県宇部市)
  • 市内に設置されている野外彫刻(山口県宇部市)
  • 山口宇部空港に隣接する公園(山口県宇部市)
  • 「永山本家酒造場」の日本酒「貴」(山口県宇部市)
  • 山口県宇部市での移住者交流会の様子

この記事の画像一覧を見る(11枚)

この記事のタグ

この記事を書いた人

田舎暮らしの本編集部

田舎暮らしの本編集部

日本で唯一の田舎暮らし月刊誌『田舎暮らしの本』。新鮮な情報と長年培ったノウハウ、田舎で暮らす楽しさ、心豊かなスローライフに必要な価値あるものを厳選し、多角的にお届けしています!

Twitter:@inakagurashiweb

Instagram:@inakagurashinohon

Website:https://inakagurashiweb.com/

田舎暮らしの記事をシェアする

田舎暮らしの関連記事

加藤雅也さんインタビュー「ウィナーになれなくても、 サバイバーになればいい」|映画『幽霊はわがままな夢を見る』

【海と山に囲まれた便利な田舎暮らし】町並みが美しい山口県柳井市の130万円10DK物件!金魚ちょうちん祭りも幻想的!温暖な気候で子育て世代の移住に最適!

【入手困難の超人気ラーメン】ロンブー淳の運転手だった芸人が「卵かけラーメン」を開発!|遅咲きの才能!山口県住みます芸人・どさけんが「世界で行きたい街第3位」の山口市で奮闘中!

2024年版『住みたい田舎ベストランキング』中国エリアのTOP10を発表! 移住に手厚い自治体が多い

【日本の絶景 2024最新】爽快すぎる「最高のドライブロード TOP10」(西日本編)|自転車やジョギングにも最適な「景色を楽しむ」癒やしの道

入手困難!大人気ご当地グルメを開発!「万倉の大岩ゴロゴロカレー」で地域活性化&JR美祢線の利用促進企画を考案…驚きの成果とは?|山口県美祢市住みます芸人・快盗スズメ

【築100年古民家】絵本のような絶景に包まれた秘境の美しい伝統住宅!200万円の9LDKはほぼ改修不要!? 宿泊施設や飲食店にも活用可能!【福島県金山町】

海・山一望の大規模ニュータウン「伊豆下田オーシャンビュー蓮台寺高原」には素敵な物件がたくさん【静岡県下田市】

子育て移住にもオススメ! のどかな果樹園に囲まれ、教育環境も整った人気のエリア【広島県三次市】