田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら
  • 田舎暮らしの本 公式X(Twitter)はこちら

田舎暮らしの本 5月号

最新号のご案内

田舎暮らしの本 5月号

3月1日(金)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

哀川翔さんインタビュー「役者って、生きているあいだは可能性のある仕事だから」|映画『一月の声に歓びを刻め』

やんちゃで優しく、いつでも楽しそうに人生を駆け抜けている“生きることの達人”。俳優の哀川翔さんには、「アニキ!」とつい呼びたくなる親近感と、年齢を超えた格好よさがあります。最新作である映画『一月の声に歓びを刻め』のこと、趣味の域を超えたカブトムシの飼育について、理想の老後について……、いろいろとお話を聞きました。

この記事の画像一覧を見る(5枚)

掲載:2024年3月号

哀川翔さん
あいかわ・しょう●1961年生まれ、徳島県徳島市出身。1984年に「一世風靡セピア」の一員としてデビュー。1988年のテレビドラマ『とんぼ』、翌年の映画『オルゴール』で俳優として一気に注目される。以後『勝手にしやがれ‼』『修羅がゆく』など、シリーズ作多数。95年の『BAD GUY BEACH』では、あいかわ翔名義で監督に挑戦、07、08年は舞台『座頭市』で座長を務めた。最近の主な出演作にNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』、映画『老後の資金がありません!』『春に散る』などがある。

 

娘を信じたいし、幸せになってもらいたい父親役

 「作品の題材が、娘を持つ父親としては感慨深いところで。もし、自分がそうであったら?なんて考えながらトライしましたよね」

 俳優の哀川翔さんは、映画『一月の声に歓びを刻め』の撮影をそんなふうに振り返った。性暴力の被害で娘を亡くして男としての自分を捨てた父親、幼少期のトラウマから誰とも触れ合えずにいた女性ら、3つの物語が織りなす人間ドラマ。翔さんが演じたのは、牛飼いの誠だった。妻を交通事故で亡くしてから一人暮らしをする八丈島に、疎遠だった娘が大きなおなかを抱えて戻ってくる。結婚したのか? 妊娠!?

 事情がわからず、でも娘に直接は聞きにくい。そこへ相手の男が島へ来ることに。誠は、鉄パイプを手に港へ向かう……。

 自身も3人の息子に加えて2人の娘を持つ父親である翔さんは、「俺もそっち方向だなと思いましたね」と言うので、「〝鉄パイプ〞方向ですか!?」などとつい口走ってしまう。

 「うん、心情としては鉄パイプをざらざら引きずって港に行くと(笑)。やっぱり心配だし、それは娘を思う親としての気持ちがあるからで、そうでなければそんな感情も湧かないだろうし。でも大人なのでそんな自分を俯瞰で見て、よき父親としての行為じゃないなと気づくというかさ。娘を信じたいし、幸せになってもらいたい。そこで葛藤するんだね」

 誠はどこかぶっきらぼうな男で、そうした思いを言葉にはしない。翔さんはそのたたずまいや、ふとした表情で自然に繊細に表現する。

 「どんなセリフより一気に思いが伝わる、あれは監督の力です。俺はどっちかというと(鉄パイプを)握ったら、ごん!とやっちゃう役が多いわけだけど(笑)。非現実的な人物が、ありえないけどやったら面白いかも!というのを演じるほうがスムーズでね。誠自身は真っすぐな男ですが、娘への思いに微妙なオブラートをかけていて。娘を思いやる気持ちをなかなか言い出せない。普通の人ほど何を考えているかわからないし、そういう距離感を表現するのって難しいです」

 ↓↓ 次ページ「和太鼓に関しては、一世風靡セピアのときに叩いたりしたけど(笑)」 ↓↓ 

この記事のタグ

田舎暮らしの記事をシェアする

田舎暮らしの関連記事

猫好き必見ランキング!【2月22日=猫の日】自慢の看板猫TOP5!1位はあの宿!猫好きアイテムも紹介

車好き必見!憧れの輸入車ランキングTOP10!絶景ドライブスポットも紹介

人口問題を考える/自給自足を夢見て脱サラ農家37年(50)【千葉県八街市】

【ミニマリスト2024】物を持たない暮らしのメリット/デメリットとは?ランキングで発表!|災害など緊急時への不安も……

おしゃれな「富士山歯ブラシ」で叶うワンランク上のオーラルケアと感染症予防|乾燥する季節こそ口内環境を整え風邪・インフル対策を!

【東出昌大 実録インタビュー④】山の中だけがプライベートな空間。山暮らしで悟った、他人や自分との向き合い方

最短2カ月で信州に「会社員移住」!「仕事と家」をセットで支援【長野県須坂市】

1泊1000円!海まで徒歩2分!古民家をリノベしたおしゃれなお試し住宅で瀬戸内の海辺暮らしを体験【岡山県倉敷市】

豊富な地域資源にワクワク! 来て、見て、味わって、体験して。渋谷に窓口設置で移住者増のまち【福島県田村市 白石高司市長インタビュー】