田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら
  • 田舎暮らしの本 公式X(Twitter)はこちら

田舎暮らしの本 5月号

最新号のご案内

田舎暮らしの本 5月号

3月1日(金)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

秋田県大潟村で夢を実現! 移住者大募集! さまざまな分野で村を活性化する人求む

執筆者:

大潟村は、八郎潟を干拓し、多くの移住者により村づくりが行われ誕生した村です。だから、新しい移住者が比較的なじみやすい土壌があります。また、中心地には役場や学校、コンビニやドラッグストアなどがあり、コンパクトで住みやすい環境です。そんな大潟村では、移住者を大募集中です。

 

 八郎潟を干拓して生まれ農業で発展した大潟村では、さまざまな分野で村を盛り上げる移住者を募集しています。

 例えば、芸術や研究などで活動、地元食材を使った飲食店などの地域資源でビジネス展開、インフルエンサーなど。認定された日から2年以内に自己負担で住宅を建設し、12年間居住すると宅地が無償譲渡されます。

 コンパクトシティで暮らしやすく、子育てもしやすく、移住者が多い大潟村で夢を実現してみましょう。

お問い合わせ:大潟村総務企画課 ☎0185-45-2111
移住・定住 | 大潟村役場 (vill.ogata.akita.jp)

この記事のタグ

この記事を書いた人

田舎暮らしの本編集部

田舎暮らしの本編集部

日本で唯一の田舎暮らし月刊誌『田舎暮らしの本』。新鮮な情報と長年培ったノウハウ、田舎で暮らす楽しさ、心豊かなスローライフに必要な価値あるものを厳選し、多角的にお届けしています!

Twitter:@inakagurashiweb

Instagram:@inakagurashinohon

Website:https://inakagurashiweb.com/

田舎暮らしの記事をシェアする

田舎暮らしの関連記事

2024年版『住みたい田舎ベストランキング』近畿エリアのTOP10を発表!兵庫県と京都府の自治体が多数ランクイン

【地方創生SDGs】目指すは「離島振興のモデル」。先端技術活用で産業課題に挑戦【長崎県壱岐市】

【地方創生SDGs】干潟・里・山の自然を守り活かし、みんなの力で地域を盛り上げる【佐賀県鹿島市】

【地方創生SDGs】環境と経済を統合して発展する、持続可能な地域活性化の先進地【福岡県北九州市】

【田舎暮らし徹底解明】移住者をフォローする民間団体が多いのはどこ?【公式】2024年版「ユニーク自治体ランキング」

ワイン愛好家必見!【ポツンと一軒レストラン】北海道に移住して夢を叶えたシェフ|東京の一軒家レストランから食通を魅了する大自然のオーベルジュに!【北海道東川町】

海・山一望の大規模ニュータウン「伊豆下田オーシャンビュー蓮台寺高原」には素敵な物件がたくさん【静岡県下田市】

子育て移住にもオススメ! のどかな果樹園に囲まれ、教育環境も整った人気のエリア【広島県三次市】

移住者の本音満載の必読書『失敗しないための宮崎移住の実は…』/宮崎移住の「いいとこ」も「物足りないとこ」もわかるガイドブック