田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら
  • 田舎暮らしの本 公式X(Twitter)はこちら

田舎暮らしの本 6月号

最新号のご案内

田舎暮らしの本 6月号

5月2日(木)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

旧中山道沿いの土地134坪・5DKが490万円。学校徒歩圏、病院・スーパー・温泉も近い【群馬県安中市】

執筆者:

田舎暮らしの本 編集部
2022年9月上旬の情報です。
すでに契約済みの場合があります。
最新情報はこちら!あんなか日和

この記事の画像一覧を見る(11枚)

安中市(あんなかし)は群馬県の西部に位置し、西は長野県軽井沢町に接している。県最大の都市・高崎市へ車で約30分、北陸新幹線の安中榛名駅(あんなかはるなえき)から東京駅まで1時間弱と交通アクセスがよい。今回はそんな安中市から、旧中山道(なかせんどう)に面する戸建てを紹介しよう。総合病院、金融機関、幼稚園、小・中学校が近く、買い物にも便利だ。

秋間梅林

秋間梅林(あきまばいりん)は「ぐんま三大梅林」の一つ。春には一面に紅白梅が咲き誇り、素晴らしい香りに包まれる。

総合病院まで車で2分以内とシニアライフにも最適

 旧中山道に面し、小学校へ600m、中学校へ700mと学校に近いので子育て世代に向くが、総合病院や大型スーパーへ車で2分以内、温泉へ車で6分以内なので、定年後のシニアライフにも最適。日当たりのよさがわかる外観だが、建物は庇(ひさし)や軒天井(のきてんじょう)などに傷みがある。敷地も134坪とゆったりしており、敷地内に車が3台止められる広さだ。家族が多くても駐車に困ることはない。

【物件データ】
群馬県安中市
490万円
土地:134坪・442㎡
延床:32坪・106㎡
改修費補助:最大20万円
家財処分費補助:最大10万円
(どちらか一方が利用可能)

●5DK●宅地●平坦地●都市計画区域内非線引き●築63年●水洗トイレ●JR信越本線磯部駅より約3km●旧中山道に面する。幼稚園、小学校、中学校、総合病院、大型スーパーにも近い物件。北陸新幹線安中榛名駅まで7.5km。
●問い合わせ先:安中市役所 まちづくり部 建築住宅課 住宅政策係 ☎027-382-1111

和室は畳、襖、障子ともにさほど傷みはなさそう。一部にタンスなどが残されていて利用可能だ。

1階の6帖の和室。奥には4.5帖の和室と、右手には6帖の洋室が連なる開放的なスペースだ。

広縁があるおかげで明るい光が差し込む洋室と和室。収納が多い物件だ。

レトロな雰囲気が漂うキッチンは、充分な広さ。改修次第で見た目や使い勝手が向上するだろう。

窓から光が差し込む明るい浴室。 風呂の湯沸し器はバランス釜だ。シャワー付きなのがうれしい。

トイレは水洗でコンセントもある。そのままでも使え、暖房便座(ウォームレット)への交換も容易だ。

【群馬県安中市の魅力】
ぐんま三大梅林の秋間梅林がある地域

秋間川(あきまがわ)上流の丘陵地に、本ページのトップでも紹介した、ぐんま三大梅林の秋間梅林が広がっている。そこで採れた梅や梅干しがこの地の特産。安中市は昔ながらの自然や文化財が残っていながら通勤、通学、通院、買い物などの利便性に恵まれており、暮らしやすいまちだ。市内に北陸新幹線「安中榛名駅」、高速ICが2カ所あり、交通の便も良好。新幹線での首都圏への通勤、テレワークの候補地にもなる。

めがね橋】横川と軽井沢を結ぶ碓氷(うすい)線の名残として、めがね橋の愛称で知られる碓氷第三橋梁。国指定重要文化財だ。

【梅干し】関東一の規模を誇る秋間梅林特産の梅。売店によって製法が異なるため、さまさまな味覚が楽しめる。

この記事の画像一覧

  • 群馬県安中市の物件の外観
  • 群馬県安中市の物件の和室は畳、襖、障子ともにさほど傷みはなさそう。一部にタンスなどは残されている。
  • 群馬県安中市の物件の和室。
  • 群馬県安中市の物件の洋室。
  • 群馬県安中市の物件の昭和のレトロな雰囲気が漂う台所。器具の取り換えなどは必要になるだろう。
  • 群馬県安中市の物件にあるバランス釜の浴室。
  • 群馬県安中市の物件のトイレ。
  • 群馬県安中市の物件の間取り図。
  • 群馬県安中市のにある秋間梅林。
  • 群馬県安中市の関東一の規模を誇る【秋間梅林】特産の梅。売店によって製法が異なるため、さまさまな味覚が楽しめる。ぜひご賞味を。
  • 群馬県安中市のにあるめがね橋の夏の風景。

この記事の画像一覧を見る(11枚)

この記事のタグ

この記事を書いた人

田舎暮らしの本編集部

田舎暮らしの本編集部

日本で唯一の田舎暮らし月刊誌『田舎暮らしの本』。新鮮な情報と長年培ったノウハウ、田舎で暮らす楽しさ、心豊かなスローライフに必要な価値あるものを厳選し、多角的にお届けしています!

Twitter:@inakagurashiweb

Instagram:@inakagurashinohon

Website:https://inakagurashiweb.com/

田舎暮らしの記事をシェアする

田舎暮らしの関連記事

『田舎暮らしの本10月号』は9月2日(金)発売です

首都圏へ通勤できる400万円の5DK。 小・中学校に近く、病院・スーパー・温泉は車で15分以内【群馬県安中市】

山遊びも定住も!東京に近い温泉地の物件リポート【群馬県中之条町】

山里の古民家で水石ギャラリーを営む二拠点生活【群馬県下仁田町】

日本のまんなか、群馬県渋川市(しぶかわし)で、都会すぎず田舎過ぎない、ちょうどいい「まんなか暮らし」を

★前回の結果【公式】2022年版 12エリア別&3世代別「住みたい田舎」ベストランキング!【北関東エリア】

【築100年古民家】絵本のような絶景に包まれた秘境の美しい伝統住宅!200万円の9LDKはほぼ改修不要!? 宿泊施設や飲食店にも活用可能!【福島県金山町】

海・山一望の大規模ニュータウン「伊豆下田オーシャンビュー蓮台寺高原」には素敵な物件がたくさん【静岡県下田市】

子育て移住にもオススメ! のどかな果樹園に囲まれ、教育環境も整った人気のエリア【広島県三次市】