田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら
  • 田舎暮らしの本 公式X(Twitter)はこちら

田舎暮らしの本 7月号

最新号のご案内

田舎暮らしの本 7月号

6月3日(月)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

200万円の売家は、月2万5000円で賃貸もOK/日本三大桜も天然アユも、24時間営業のスーパーも!【岐阜県本巣市】

掲載:2022年10月号

2022年8月上旬の情報です。
すでに契約済みの場合があります。
最新情報はこちら!→ 本巣市空き家バンク

本巣市(もとすし)は、県都岐阜市に隣接し、愛知県名古屋市にも比較的近い。南北に長く、北は山間部、南は平野部で農業が盛んな地域だ。日本三大桜の「根尾谷淡墨桜(ねおだにうすずみざくら)」があることでも知られる。天然アユが遡上する川も流れる。中心部にはイオンタウンや24時間営業のスーパーもある。豊かな自然と生活利便性を兼ね備えた本巣市の空き家バンクから、200万円の売家をピックアップ!

 能郷白山(のうごうはくさん)を水源とする「根尾(ねお)川」には天然アユも遡上する。アユ釣りのシーズンには、太公望が竿を振る姿が見られる。

本巣市もとす暮らし応援補助金」では、本巣市に定住するために住宅を新築・購入した人に最大30 万円の補助金を交付している。また、転入世帯の場合、1人につき10 万円が加算されるのもうれしい。空き家バンク登録物件も対象となる。

山並みが美しい地域に立つ風情ある家

 1階に田の字形の和室4室、2階に洋室3室の木造住宅。賃貸(月2万5000円)利用もできる。敷地は150坪あるので、庭いじりや家庭菜園を楽しんでみたい。「本巣市空き家改修補助金」では、売買物件の場合、対象経費の1/2(上限35 万円)、賃貸物件の場合、対象経費の1/2(上限70 万円)が補助される。

 

【物件周辺で栽培が盛んな作物】
※下記のリンク先は竹内孝功さんが教える「自然菜園のテクニック」です。ご参照ください
■カキ
トマト
イチゴ
キュウリ
ナス

【物件データ】
岐阜県本巣市
200万円
土地:150坪・498㎡
延床:26坪・87㎡
菜園:あり

取得費補助:最大30万円
改修費補助:最大70万円
家財処分費補助:最大10万円

●7K●宅地●緩傾斜地●都市計画区域外●築73年●汲み取り式トイレ●樽見鉄道樽見駅より約2.8km●放置16年のためボイラーが故障しているなど補修箇所あり。建物未登記。庭、車庫、物置付き。賃貸利用(月2万5000円)も可。うすずみ温泉へ約2.3km、幼児園へ約7.2km、小・中学校へ約1.7km。
●問い合わせ先:本巣市役所 企画財政課 ☎0581-34-5024

1階は和室4間(6 畳、6 畳、4.5 畳、4.5 畳)でファミリーにも充分な広さ。各部屋の襖を外せば、広い居間として使うこともできる。

 

木製サッシとレトロなガラスがおしゃれな玄関。

 

キッチンは採光がよく、広々としている。シンクも広く、ワークトップ(カウンター)も使い勝手がよさそう。食器洗い乾燥機を置くスペースまである。ガスコンロは新調が必要だ。

 

タイル張りの昔ながらの浴室。コンパクトながら、シャワーが装備されているのがうれしい。ボイラーが故障しているので補修が必要。

 

トイレは屋外に設置され、汲み取り式。改修費補助を利用して改修したいところだ。

 

【岐阜県 本巣市の魅力】
全国でも有数の富有柿やイチゴの産地

 岐阜県南西部にあり、県都・岐阜市に隣接する本巣市。特産品としては富有柿(ふゆうがき)やイチゴが有名。近年は若手農家が生産するトマトも知名度が上がっており、加工品にも力を入れる。

淡墨桜

根尾谷淡墨桜】樹齢1500余年のエドヒガン。日本三大桜の1つで、国の天然記念物に指定されている。桜の全種300余種の内でも名花中の上位にあるといわれる品種で、蕾のときは薄いピンク、満開になると白色、散りぎわには特有の淡い墨色を帯びる。4 月の満開の時期には、多くの観光客が訪れる。

 

根尾川河畔で開催される根尾川花火大会。特大8号玉を交えた直径200mのワイドスターマインなど、見どころ盛りだくさん。約6,000 発が打ち上げられ、毎年多くの来場者が訪れる。

 

うすずみ温泉】淡墨桜のある淡墨公園からほど近くにある温泉。海水を2.5~3倍に薄めたものと酷似していることから、はるか伊勢湾の太古の海水が源といわれる。五右衛門風呂や弥次喜多の湯などユニークなお風呂も自慢。

 

富有柿(ふゆうがき)やイチゴは全国でも有数の産地を形成している。じつは「甘柿の王様」と呼ばれる富有柿の原産は岐阜県。甘味が強く、かぶりつくと口いっぱいに果肉のおいしさが広がる。毎年秋になると多くの人が買いに訪れ、全国各地に出荷されている。

この記事のタグ

田舎暮らしの記事をシェアする

田舎暮らしの関連記事

『田舎暮らしの本11月号』は10月3日(月)発売です

★前回の結果【公式】2022年版 12エリア別&3世代別「住みたい田舎」ベストランキング!【東海エリア】

二拠点居住の移動費用を抑えるコツ【首都圏・中京圏・近畿圏】

移住者に寄り添った支援が充実!「飛驒市暮らし」のススメ【岐阜県飛驒市】

新規就農の若者が集まる有機農業の里。資源を循環させ、ヒノキのサウナも販売【岐阜県白川町】

【東海エリアの憧れ移住スタイル~岐阜県大垣市~】地域に溶け込み、工房とカフェを営む

【築100年古民家】絵本のような絶景に包まれた秘境の美しい伝統住宅!200万円の9LDKはほぼ改修不要!? 宿泊施設や飲食店にも活用可能!【福島県金山町】

海・山一望の大規模ニュータウン「伊豆下田オーシャンビュー蓮台寺高原」には素敵な物件がたくさん【静岡県下田市】

子育て移住にもオススメ! のどかな果樹園に囲まれ、教育環境も整った人気のエリア【広島県三次市】