田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら
  • 田舎暮らしの本 公式X(Twitter)はこちら

田舎暮らしの本 5月号

最新号のご案内

田舎暮らしの本 5月号

3月1日(金)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

リーフレタスの種蒔き時期は春と夏!外葉をかいて長期収穫/竹内孝功さんに教わる自然菜園のスゴ技【第10回】

掲載:2023年1月号

1回穫りではもったいない
外葉をかいて長期収穫を楽しむ

レタスは地中海沿岸から西アジアの乾燥地域が原産。中国を経て日本には奈良時代以前に伝わり、切り口から白い液の出る乳草(チチクサ)から萵苣(チシャ)と呼ばれました。店頭での主役は結球レタスですが、家庭菜園に向くのは非結球のリーフレタスです。野生に近くて育てやすく、長期間にわたり葉をかいて収穫できます。比較的冷涼な気候を好み、種蒔き時期は春と夏。春蒔きが育てやすく、夏は種を休眠から覚ましてから蒔くのがコツです。

※雨水に似た野菜の栄養ドリンク。酢・木酢液・焼酎を1:1:1で混ぜたストチュウ原液をペットボトルにつくり置き、300倍以上に薄めて使う。7Lのジョウロの水には、ペットボトルキャップ(約7mL )3杯の原液を混ぜる。

1 土づくり

初めての菜園では畝を準備
水はけのよい畑で育てる

 どんな土でもよく育ちますが、根が細かく浅く、乾燥や過湿に注意が必要です。水持ちと水はけのよい畑が理想。根腐れを起こしやすいので水はけの悪い畑では高畝にします。初めて畑にする場合は苦土石灰をすき込んで土のpH調整をしておき、その後、完熟堆肥に加えて水はけをよくするもみ殻燻炭、ゼオライトを施しましょう。前作がよく育った畑なら、準備なしでそのまま定植できます。

2 準備

①春の種蒔きはセルトレイに

 春は72穴のセルトレイに種を蒔いて育苗。セルトレイは必要な大きさに切ると便利です。育苗土は市販の種蒔き培土でかまいませんが、もみ殻燻炭を5~10%、バーミキュライトを5%入れると通気性と保水性が高まります。手で握ると固まる程度のかたさ(水分量50~60%)になるよう、あらかじめ水を加えて充分に混ぜてから、トレイに詰めてください。

 トレイの外側にあふれるまで土を盛り、土の上面がトレイより数cm高くなるようにならしたうえで、手のひらで軽く鎮圧。外側のセルまで偏りなく土を詰めます。

セルトレイに育苗土を詰める

板を滑らせてトレイの上側の土を除き、土の上面をならす

セルごとに深さ3〜4mmの蒔き穴をつける

1穴2~3粒ずつ種を蒔く

レタスは発芽に光が必要。覆土は薄く、種の厚みの2倍ほどに。覆土後、しっかりと鎮圧する

覆土鎮圧後、もみ殻燻炭を薄くかけておくと、乾燥防止と地温を高めるのに役立つ

種を蒔いたらたっぷりと水やり

乾燥防止に新聞紙で包み、さらに水をかける。2日後に新聞紙を除くまで水やりしない

②本葉2~3枚で鉢上げ

 種蒔きから3週間ほどで本葉2~3枚まで育ったら、2号ポット( 直径6cm)に鉢上げします。1セルに2本以上育っていたら2本残して植え替えてください。

暖かい日中に、本葉2~3枚でセルトレイから鉢上げ

ポットに植え付け、周囲に入れた土を鎮圧して根鉢に密着させる

ポットに外周から水やりする

③夏の種蒔きは浸水&低温処理

 レタスの種は25℃以上で休眠するため、夏は種を水に浸して表面の発芽抑制物質を流したうえ、冷蔵庫に入れて休眠を解いてから種蒔きします。

 浸水のしかたは、種を茶漉し袋などに入れ、常温の水で24時間。その後、軽く水気を絞ってビニール袋に入れ、冷蔵庫で48時間冷やすと、種の先端から1~2mmの根が出てきます。

途中で1~2度水を替えながら、丸一日水に浸ける

浸水後は冷蔵庫へ。種が呼吸できるよう、袋の口は閉じない

④ポットに蒔いて暑さと乾燥対策

 高温で土が乾きやすい夏蒔きは、セルトレイよりも土が多めに入る2号ポットに種蒔きします。育苗土やポットへの土の詰め方はセルトレイと同様です。生育適温の25℃以下に近づけるため、ポットは木陰やよしずの下などの半日陰に置いてください。

1ポットに2カ所ずつ蒔き穴をつけ、各蒔き穴に2~3粒ずつ芽出しした種を蒔く

バーミキュライト100%で覆土すると夏にも乾きにくい

しっかりと鎮圧。この後、春と同様に水やりして新聞紙で包む

3 定植

①定植前に底面吸水

ポットで育てた苗は本葉4~5枚に育ったら畑に定植します。植え付ける前に1~2時間、ストチュウ水を底面吸水させてください。

タライなどに3cmほどのストチュウ水を張り、ポットの底を浸す

②春は午後、夏は夕方に定植

 定植は株間30cmほどで、春は地温の上がる午後3時~5時、夏は暑さでしおれないよう午後4時以降にしてください。根鉢の上面と地面が同じ高さになるように植え付けます。

植え穴を掘った土を隙間に戻したら、しっかり鎮圧して周囲の土と根鉢を密着させる

③定植後は株元を空けて草マルチ

 植え付けたら周囲に草マルチを。春は地温を上げるため、夏はナメクジやコオロギが寄ってこないように、いずれも株元は草マルチせずに空けておきます。

初期は株元を空けて草マルチ

4 お世話

①定植の2週間後に株元まで草マルチ

 定植の2週間後には、株元まで草マルチして乾燥を防ぎ、地温を安定させ、草を抑えます。

株元までしっかり草マルチして地温の上がりすぎを抑える

②ボカシ肥の補いは定植後20日ごろまでに

 定植後20日ごろまでに、あらかじめ発酵させて吸収されやすくしたボカシ肥を1~2回補います。生の堆肥や米ぬかでは分解が遅く、生育の早いレタスには間に合いません。また、定植後30日を過ぎてからは、病害の原因になるため補いはしません。

※ボカシ肥...米ぬかなど栄養分を多く含む材料を発酵させたもの。前もって微生物によって有機物を発酵させ、 分解を早めておくことで、野菜が養分を吸収しやすくなる。また、微生物の働きで野菜が育ちやすくなる。

ボカシ肥を一握り、株の周囲に草マルチの上からぐるりと補う

ボカシ肥の上に草マルチをかけて紫外線と乾燥を防ぐ

5 収穫

3分の2を残して外葉をかき取り収穫

 定植から30日ほどで、中心部の葉がせり上がり、外葉がしっかり展開します。ここまで育てば、内側の3分の2を残しながら、外葉を順次かき取り収穫できます。かき収穫は長期間続き、トータルでは株穫りの3倍ほどの収量になります。

 株穫りする場合は、外葉を取らずにおき、定植後40日ごろに収穫です。

3分の2を残してかき取れば、外葉が次々に育って長期間収穫できる

株穫りは傷んだ下葉の上側の茎から切り取る

 

監修/竹内孝功

たけうち・あつのり1977年生まれ。長野県を拠点に菜園教室「自然菜園スクール」などを開催。著書に『自然菜園で育てる健康野菜ゼロから始める無農薬栽培』『完全版 自給自足の自然菜園12カ月野菜・米・卵のある暮らしのつくり方』(宝島社)、最新刊『苗で決まる!自然菜園』(農文協)ほか多数。

WEBサイト「@自給自足Life」https://39zzlife.jimdofree.com/

 

文・写真/新田穂高 イラスト/関上絵美・晴香

この記事のタグ

田舎暮らしの記事をシェアする

田舎暮らしの関連記事

カボチャは定植1カ月前にネギクラツキ/竹内孝功さんに教わる自然菜園のスゴ技【第4回】

ニンジンはコンパニオンプランツを畝の両側に育てる/竹内孝功さんに教わる自然菜園のスゴ技【第5回】

カブはぴったり1円玉の間隔で種を蒔くのがコツ/竹内孝功さんに教わる自然菜園のスゴ技【第6回】

ダイコンは本葉が育ったら間引いて根を太らせる/竹内孝功さんに教わる自然菜園のスゴ技【第7回】

長ネギは太さを揃えて並べる「同級生植え」がコツ/竹内孝功さんに教わる自然菜園のスゴ技【第8回】

ホウレンソウは霜に当たり甘さを増す冬の日中に収穫/竹内孝功さんに教わる自然菜園のスゴ技【第9回】

最短2カ月で信州に「会社員移住」!「仕事と家」をセットで支援【長野県須坂市】

1泊1000円!海まで徒歩2分!古民家をリノベしたおしゃれなお試し住宅で瀬戸内の海辺暮らしを体験【岡山県倉敷市】

豊富な地域資源にワクワク! 来て、見て、味わって、体験して。渋谷に窓口設置で移住者増のまち【福島県田村市 白石高司市長インタビュー】