田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら
  • 田舎暮らしの本 公式X(Twitter)はこちら

田舎暮らしの本 7月号

最新号のご案内

田舎暮らしの本 7月号

6月3日(月)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

自然のなかにポツン、でも利便性よく田畑付き!98万円の木造2階建て6DK【岐阜県飛騨市】

掲載:2023年3月号

2023年1月上旬の情報です。
すでに契約済みの場合があります。
最新情報はこちら!→飛騨市空き家バンク

飛騨古川駅や飛驒市図書館など映画『君の名は。』の聖地巡礼スポットが点在する市街地から車で7分ほどの場所に立つ。敷地面積は197坪。山と小川が家屋の前にあり、敷地には田んぼも!身近に自然を感じながらほどよく便利に暮らしたい人に最適だ。

岐阜県北部に位置する飛驒市。周囲は3000mを超える飛騨山脈などの山々に囲まれているため冬は雪が多いが、夏はさわやかな気候で過ごしやすい。JR特急利用で名古屋駅から飛騨古川駅へ約2時間40分。富山駅からは約1時間15分。

 

田んぼ、物置付きの木造2階建て6DK

橋本さんに聞く、ココがGood
「ロケーション抜群」と総合政策課の橋本さんが紹介してくれた物件は、宅地93坪に加え雑種地36坪、田68坪の広々とした敷地が魅力。

 

窓外の景色はまるで絵画
風情のある日本家屋

 飛騨古川駅界隈から車で7分ほど走ると、山裾に立つ物件が見えてくる。山間部とはいえ、杉崎駅が徒歩15分圏内で、富山や高山方面への通勤・通学に活用できる。

「杉崎駅周辺は、飛驒市の中で比較的人口が多く、移住者さんにも人気があるエリア。新たに移住されてきた方もなじみやすい土地なのではないでしょうか」

 そう語るのは飛驒市役所総合政策課の橋本真之介さん。当物件は民家が立ち並ぶエリアからほどよく距離があり、土地は広々。家の前を清らかな太川(たいえがわ)が流れ、飛騨古川のまちを見下ろせる安峰山(あんぼうさん)への登山口もすぐ近くにある。ポツンと立つ一軒家に憧れている人にとっては、ワクワクしてしまう立地ではないだろうか。玄関側の壁は漆喰が塗られ、家の顔もいい。軒下などを見ると、職人の技が感じられ、構造もしっかりしている。空き家となったのは昨年春ごろで、11月に残置物を撤去。建物の状態は悪くはない。床にたわみを感じる箇所は見当たらないが、壁や天井の汚れは気になる。修繕箇所は挙げればキリがないが、どこから手をつけるべきか?当物件の仲介やコンサルティングを担当するシンエイ地所の谷也(たにべひろや)さんに伺った。

「この物件をまずリフォームするなら、トイレの水洗化です。排水枡が設置されていて、水洗化がそれほど困難ではないので。費用は120万円ほどかかると予想されます」

 ほかに、タイル張りで冷え込む浴室をシステムバスに交換、サッシに内窓を付けるなど雪国対策も視野に入れたほうがいいと、谷邉さんはアドバイスする。

「移住してすぐ100点を目指すのでなく、最初は優先順位をつけて可能な範囲をリフォームすることをオススメします。例えば内窓は、全室取り付けると100万円以上かかりますが、まずはリビングや寝室だけに絞れば50万円前後に抑えられます。そして2〜3年後に余力ができたら別の箇所をと、徐々に満点を狙っていけばいいのです」

【物件データ】
岐阜県飛騨市
98万円
土地:197坪・652㎡
延床:39坪・129㎡
菜園:68坪
取得費補助:最大60万円
改修費補助:最大150万円

6DK宅地、雑種地、田平坦地都市計画区域内非線引き●築52年汲取高山本線杉崎駅より約900m古川町の中心部から車で7分ほどの場所にある木造2階建て。周辺に民家が少なく、敷地西側に太江川が流れる。大幅な補修が必要。駐車スペースは3台分。物置あり。テレビ受信は難視聴区域。保育園、小・中学校が約2kmの場所にあり、子育て世帯にぴったり。
●問い合わせ先:総合政策課 ☎0577-73-6558

床の間がある1階の10畳の和室。窓を開けると、1本の木が立ち、まるで絵画のよう。山城跡や展望台がある安峰山の登山道が敷地のすぐ近くにあり、山歩きも楽しめる。

キッチンシンクだけでなく手洗いシンクも備えるキッチン。汚れが気になるが、磨いたり、壁紙を張ったりすれば、見違えるかも。

玄関土間の奥には6畳の和室、さらにその奥にダイニングキッチンがある。玄関横には勝手口も。

1階の10畳の和室と8畳の和室は続き間になっている。床の間の横は収納スペース。

2階には、続き間となっている6畳の和室が2室、廊下を挟んで4畳半の和室がある。

2階から見た風景。安峰山の前には太江川が流れる。

橋本さんに聞く、ココが残念…
トイレは内装のリフォームが施されており、洋式便座が設置されているが、じつは汲み取り式。水洗化には合併浄化槽の設置が必要で100万円以上の費用がかかるが、「飛驒市に定住する場合は、住宅新築・購入支援助成金が活用できます」と橋本さん。

風呂場の隣には、木材と波板などでつくった小屋があり、作業小屋や物置として活用できる。

橋本さんに聞く、ココが残念…
敷地が広いだけに、雪かきの作業量は増える。ドアや窓の建て付けが悪くなるので、屋根の雪下ろしも必須。「飛驒市には雪国デビューパック補助金があるので、ぜひ活用してください」と橋本さん。

周辺環境ココがGood

物件から飛驒市の中心地へ車で約7分。中心地には飛騨古川駅(写真)をはじめ、隣接して立つ市役所と図書館、商店やご当地食材が豊富なスーパーがあり利便性がよい。瀬戸川に沿って白壁土蔵や出格子の商家が連なるまち並みも美しい。

総合政策課 橋本さんに聞く
こんな人オススメ

 保育園、小・中学校が約2kmの場所にあり、杉崎駅からは高山市内の高校へ通学ができます。部屋数もあるので、子育て世帯が住むのに最適です。

 

飛驒市なじむ人はこんな人

 自然豊かな土地で、都会にはない子育て環境が揃う。移住支援や子育て支援も充実しているので子育て世帯にオススメ。冬の雪かきは大変だが、それも含めて自然を楽しめる人であれば飛驒市を満喫できるはず。

 

飛驒市Goodなスポット

気多若宮神社の例祭「古川祭」

 例年4月19日、20日に行われる気多若宮神社の例祭。神事に加え、豪華絢爛な屋台の引き揃えや、勇ましい起し太鼓が古川町中心地で繰り広げられる。全国33件の「山・鉾・屋台行事」のひとつとしてユネスコ無形文化遺産に登録され、国の重要無形民俗文化財にも指定されている。祭りの空気感が感じられる飛騨古川まつり会館もオススメ。

 

文/横澤寛子 写真/田中貴久 写真提供/飛驒市

この記事のタグ

田舎暮らしの記事をシェアする

田舎暮らしの関連記事

200万円の売家は、月2万5000円で賃貸もOK/日本三大桜も天然アユも、24時間営業のスーパーも!【岐阜県本巣市】

『君の名は。』の世界観を感じるまち!温泉近くの95万円の4DKは生活利便施設が500m圏内【岐阜県飛騨市】

【100万円の平屋】自然豊かでスーパー・コンビニへ700m!古い街並みと雄大な景色付き!【岐阜県中津川市】

【リニア中央新幹線が停まる】便利な立地の6DKが250万円。離れ&山林付き!【岐阜県中津川市】

【男の秘密基地】豪華な岩風呂付き670万円の物件の内装はログハウスのよう!ウッドデッキもある!【岐阜県中津川市】

【築100年古民家】絵本のような絶景に包まれた秘境の美しい伝統住宅!200万円の9LDKはほぼ改修不要!? 宿泊施設や飲食店にも活用可能!【福島県金山町】

海・山一望の大規模ニュータウン「伊豆下田オーシャンビュー蓮台寺高原」には素敵な物件がたくさん【静岡県下田市】

子育て移住にもオススメ! のどかな果樹園に囲まれ、教育環境も整った人気のエリア【広島県三次市】