田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら
  • 田舎暮らしの本 公式X(Twitter)はこちら

最新号のご案内

田舎暮らしの本 12月号

11月2日(木)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【海も山も市街地も近い物件】150万円のコンパクト平屋は広い農地付き!瀬戸のうず潮やタイ釣りポイントなど遊ぶ場所もたくさん【山口県柳井市】

執筆者:

山口県東部、瀬戸内海に面した柳井市(やないし)は、海も山も街も近く、暮らしやすい田舎です。北部山間地域では稲作やブドウ栽培、西部平野部では花きやイチゴ栽培、南部・東部の瀬戸内沿岸地域では柑橘類の栽培が盛んです。沿岸部の大畠瀬戸(おおばたけせと)は日本三大潮流のひとつでタイ釣りのスポットとして人気があり、中心部にある「白壁の町並み」は江戸時代の商家の家並みが残る観光名所です。市内にはコンビニも点在し、市街地には大型ショッピングセンターもあり、買い物にも便利。柳井市は、生活の利便性はありながらも、海や山などの自然に親しむことのできる田舎です。                                                

 

この記事の画像一覧を見る

2023年8月の情報です。
すでに契約済みの場合があります。
最新情報はこちら!→ やない暮らしSITE

掲載:田舎暮らしの本 2023年8月号

山口県柳井市の大畠瀬戸

 柳井市大畠から周防大島をまたぐ全長1020mの大島大橋の下では、日本三大潮流のひとつに数えられる瀬戸のうず潮が見られます。このあたりで獲れる真鯛は、急潮・うず潮にもまれてとりわけ身が固くしまり美味といわれています。橋からは海沿いを走るJR山陽本線を眺めることもでき、撮り鉄にも人気のスポットです。橋の大畠側にある大畠観光センターでは、地元の新鮮な農・海産物が販売され、瀬戸貝飯などの手づくり弁当、青みかんを絞った橘香酢(きっかす)やジャムなどの加工品も人気です。

山口県柳井市の「白壁の町並み」

 柳井の観光名所のひとつ「白壁の町並み」には、約200mの通りの両側にわたって江戸時代の商家の家が並び、中世の町割りがそのまま残っています。産物を満載した大八車が往来した往時の面影をしのばせる通りで、歴史と伝統が感じられます。国の重要伝統的建造物保存地区となっています。

山口県柳井市のサザンセト伊保庄マリンパーク

サザンセト伊保庄(いほのしょう)マリンパーク」は、瀬戸内海の美しい海と白い砂浜が魅力の南欧風の海浜公園です。海水浴はもちろん、ピクニックなどで年間を通じてアウトドアを楽しむことができます。展望台から潮風に吹かれながら眺める海や、シンボルタワー(時計台)、330mにもわたってヤシの木が並ぶ白浜が素敵です。

山口県柳井市のスポーツ施設「アデリーホシパーク」

 複合スポーツ施設「アデリーホシパーク」は高台にあり、柳井市を一望できます。ジョギングコースや人工芝スキー場などがあり、全面芝生多目的広場には子どもたちに大人気の遊具が充実していて、週末は多くの家族連れでにぎわいます。また園内の「アクアヒルやない」には温水プールや温浴施設も整備されています。

 ↓↓ 次ページでは、物件を紹介! ↓↓ 

この記事のタグ

この記事をシェアする

関連記事

★最新【中国地方】2023年版12エリア別「住みたい田舎ベストランキング」【 鳥取・島根・岡山・広島・山口】

銀行を辞めて、ひじき漁師に。過疎の島で複業を実践する「現代の百姓」【山口県周防大島町】

もっと家族と過ごしたいと移住。生活費が下がり、子育ても楽しく【山口県光市】

子どもの独立後に東京から移住! 高台から瀬戸内海を望む古民家生活【山口県柳井市】

230万円の平屋。菜園が楽しめて、瀬戸内海へ徒歩2分!【山口県柳井市】

築100年以上の元呉服屋を280万円で!移住に最適な山口県美祢市の古民家

ふくしまの真ん中「こおりやま広域圏」で暮らしませんか③【玉川村・平田村・浅川町・古殿町・三春町・小野町、お試し住宅】

ふくしまの真ん中「こおりやま広域圏」で暮らしませんか②【本宮市・大玉村・鏡石町・天栄村・磐梯町・猪苗代町・石川町】

ふくしまの真ん中「こおりやま広域圏」で暮らしませんか①【郡山市・須賀川市・二本松市・田村市】