田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら
  • 田舎暮らしの本 公式X(Twitter)はこちら

田舎暮らしの本 6月号

最新号のご案内

田舎暮らしの本 6月号

5月2日(木)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

2024年版『住みたい田舎ベストランキング』東海エリアのTOP10を発表! 岐阜県、静岡県が上位に

執筆者:

本誌『田舎暮らしの本』の大好評アンケート企画「2024年版 第12回 住みたい田舎ベストランキング」の中から、日本を12のエリアに分けた「12エリア別 住みたい田舎ベストランキング」の東海エリア(岐阜県、静岡県、愛知県、三重県)のランキング順位をご紹介します。

この記事の画像一覧を見る(9枚)

 

2024年版 第12回 住みたい田舎ベストランキング
【12エリア別ランキング】
東海エリア(岐阜県、静岡県、愛知県、三重県)のランキングを発表!

東海エリアランキング「総合部門」「若者世代・単身者部門」順位

東海エリアランキング「子育て世代部門」「シニア世代部門」順位

 今回、岐阜県と静岡県の自治体からのアンケート回答数が多くありました。注目は、全国「人口3万人以上5万人未満の市」3部門で1位となった岐阜県恵那市です。恵那市は東海エリアでも、総合部門、子育て世代部門、シニア世代部門で1位になっています。岐阜県で注目は、若者世代・単身者部門で1位となった岐阜県飛騨市。さらに3つの部門で上位に入った静岡県静岡市をご紹介します。

 

岐阜県恵那市(えなし)
教育や子育ての支援を拡充

総合部門:1位
子育て世代部門:1位
シニア世代部門:1位
若者世代・単身者部門:3位

岐阜県恵那市の南西部にある寿老(じゅろう)の滝
市の南西部にある寿老(じゅろう)の滝。滝つぼで水遊びができるので夏は家族連れでにぎわいます。

 中央本線、中央自動車道でのアクセスが良好な恵那市は、近年、関東圏からの移住者も増加しています。市では、2022年度は高校生までの医療費無償化、第3子以降の児童福祉サービス(学童保育など)の利用料の免除といった子育て支援を拡充しました。市内全域に光ケーブル網が整備され、リモートワークが快適にできるのも魅力です。

 恵那市では、自治体職員のほか、先輩移住者からなる「移住定住サポーター制度」を設け、移住支援担当の人数が充実していて、移住希望者の疑問や不安に対面で答えるなど、きめ細かにサポートできています。また、起業や仕事の相談には「恵那くらしビジネスサポートセンター」が対応していて心強いです。

お問い合わせ:恵那市移住定住推進室 ☎0573-26-2111
グッドローカルえな | 岐阜県恵那市の移住支援サイト (enalifebizsupport.jp)

岐阜県恵那市は、自治体職員や移住定住サポーターが移住を支援
自治体職員や移住定住サポーターを合わせて18人の担当者が移住を支援。頼もしい移住者の味方です。

 

岐阜県飛騨市(ひだし)
元気であんき(安心)な誇りの持てるふるさと

若者世代・単身者部門:1位
総合部門:2位
子育て世代部門:2位
シニア世代部門:2位

岐阜県飛騨市の真宗寺から見た飛騨古川の街並み
真宗寺から見た飛騨古川の街並み。地域の人々によって受け継がれる思いと日々の努力で美しい景観が維持されています。

 岐阜県最北端、富山県と隣接する位置にある飛騨市。北アルプス、飛騨山脈などの山々に囲まれ、総面積の約93%を森林が占めています。一方で古い街並みと白壁土蔵、鯉が泳ぐ瀬戸川、ユネスコの無形文化遺産に登録された祭り文化、素粒子・ニュートリノを観測するスーパーカミオカンデまであり、多彩な風土と歴史文化に恵まれています。山々から流れ込むきれいな水が豊富で、自然の恵みを受けた農作物が数多く栽培されています。近年は就農希望の移住者も増えていて、農業支援も充実しています。

 市では、相談窓口として、移住支援センターや移住コンシェルジュを設置し、移住検討から移住後の生活まで丁寧に対応しています。屋根の雪おろし講習会や冬タイヤの購入補助など、雪国生活のサポートも心強い。市外から移住し住宅を取得した移住者に、米1俵を10年間贈呈するという支援制度があります。また令和3年度より、さるぼぼコイン(電子地域通貨)による移住奨励品(単身世帯:10万円分、2名以上の世帯:15万円分)も導入されました。

お問い合わせ:飛騨市ふるさと応援課 ☎0577-62-8904
飛騨市移住・定住サイト 飛騨に暮らす - 飛騨市公式ウェブサイト (city.hida.gifu.jp)

岐阜県飛騨市では、移住者に米10俵贈呈している
飛騨市では、飛騨市外から転入し、3年以内に生活の本拠とする住宅を新築または購入した方にお米を1俵10年間贈呈します。

 

静岡県静岡市(しずおかし)
東京や名古屋へ新幹線で約1時間、二拠点生活も

若者世代・単身者部門:2位
総合部門:3位
子育て世代部門:3位
シニア世代部門:6位

静岡県静岡市の茶畑と富士山
静岡市で見ることができる茶畑と市街地、海、そして富士山。日本を代表する風景です。

 北に標高3000m級の南アルプス、南に水深2500mの駿河湾が広がる静岡市は、豊かな自然に加え、利便性の高い都市機能も備えています。地域資源に恵まれていて、一年を通じて温暖な気候と豊富な日照時間がもたらす快適な生活環境のもと暮らせるのが魅力です。市街地から車で30分ほど走れば山や海へ行け、自然や温泉、おいしい料理を楽しむことができます。豊かな環境でのびのび子どもを育てたいと、都心部の子育て世代の移住希望者から注目が集まっています。

 静岡市は、交通、医療、教育など都市機能の充実と豊かな自然が残る政令指定都市。東京や名古屋へは新幹線で約1時間というアクセスのよさも魅力で、テレワーク移住や二拠点生活も可能です。東京相談窓口「静岡市移住支援センター」と静岡市の移住相談員が全力で支援しています。「お試し住宅」「お試しテレワーク」など、移住前に静岡暮らしが体験できる制度も用意しています。

お問い合わせ:静岡市企画課 ☎054-221-1240
いいねぇ。静岡生活 (shizuoka-seikatsu.jp)

静岡県静岡市の移住支援センターでは移住希望者の相談に対応
静岡市移住支援センターでは、移住希望者の相談にていねいに対応している。

この記事の画像一覧

  • 東海エリアランキング「総合部門」「若者世代・単身者部門」順位
  • 東海エリアランキング「子育て世代部門」「シニア世代部門」順位
  • 岐阜県恵那市の南西部にある寿老(じゅろう)の滝
  • 岐阜県恵那市は、自治体職員や移住定住サポーターが移住を支援
  • 岐阜県飛騨市の真宗寺から見た飛騨古川の街並み
  • 岐阜県飛騨市では、移住者に米10俵贈呈している
  • 静岡県静岡市の茶畑と富士山
  • 静岡県静岡市の移住支援センターでは移住希望者の相談に対応

この記事の画像一覧を見る(9枚)

この記事のタグ

この記事を書いた人

田舎暮らしの本編集部

田舎暮らしの本編集部

日本で唯一の田舎暮らし月刊誌『田舎暮らしの本』。新鮮な情報と長年培ったノウハウ、田舎で暮らす楽しさ、心豊かなスローライフに必要な価値あるものを厳選し、多角的にお届けしています!

Twitter:@inakagurashiweb

Instagram:@inakagurashinohon

Website:https://inakagurashiweb.com/

田舎暮らしの記事をシェアする

田舎暮らしの関連記事

【美しい日本の城下町物件】歴史と文化薫る伊賀忍者発祥の地:2階建て7DKが180万円!大阪・名古屋まで80分でアクセス良好!子育ても◎【三重県伊賀市】

忍者発祥地の200万円古民家(7DK)で歴史と風情を味わう安らぎの時間!離れ付きで飲食店や宿泊施設にも最適!松尾芭蕉を輩出した歴史薫るまち【三重県伊賀市】

【絶対にチェックしたい陶器市!2024年上半期まとめ】波佐見焼・有田焼・萬古焼:日常使いから伝統工芸まで、全国の人気陶器市情報を厳選紹介!

南伊豆で釣りやサーフィン三昧!海まで徒歩2分200万円の隠れ家!東京都心から170分の手つかずの自然で心豊かな海辺の暮らしを!絶景で癒やし体験も!

【花粉症発症率ランキング発表!】3位:岐阜県 2位:山梨県 1位はあの県!? 東海地方は要注意!予防方法や薬の飲み始めも解説!

【美しき日本の祭】無形文化遺産・飛騨古川祭が4月19日と20日に開催!観光客が増えている飛騨の隠れ人気スポット「瀬戸川と白壁土蔵街」にもご注目!【岐阜県飛騨市】

【築100年古民家】絵本のような絶景に包まれた秘境の美しい伝統住宅!200万円の9LDKはほぼ改修不要!? 宿泊施設や飲食店にも活用可能!【福島県金山町】

海・山一望の大規模ニュータウン「伊豆下田オーシャンビュー蓮台寺高原」には素敵な物件がたくさん【静岡県下田市】

子育て移住にもオススメ! のどかな果樹園に囲まれ、教育環境も整った人気のエリア【広島県三次市】