田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら
  • 田舎暮らしの本 公式X(Twitter)はこちら

田舎暮らしの本 7月号

最新号のご案内

田舎暮らしの本 7月号

6月3日(月)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

死角なし!? 超高性能SUV「スバル レガシィ アウトバック」が里山生活で最強な理由を徹底解説!

SUBARUの車は、郊外でその実力を存分に発揮する。雨に濡れた道、未舗装道、雪道、泥道、山道、高速道路、あらゆる路面状況をいなす高性能がドライバーに安心感をもたらし、ドライビングが喜びの体験となる--。「スバル レガシィ アウトバック」は、そんなSUBARUが誇るフラッグシップであり、名車「レガシィ」のDNAが息づくクロスオーバーSUV(ステーションワゴン+SUV)だ。

安全性もお墨付き!
最先端技術が詰まったスバル レガシィ アウトバック

 カナダを含む北米で初代が1995年に発売されたスバル レガシィ アウトバックは、スポーツ ユーティリティ ワゴンという新しいカテゴリーを開拓したモデルだ。日本仕様が2021年に公開された現行型は6代目で、主なマーケットとなる北米では2020年から販売が開始されている。

 日本向けのパワーユニットは、歴代モデル最小となる排気量1.8リッターのDOHC直噴ターボ“DIT”水平対向エンジンで、駆動方式はAWD(常時全輪駆動)。トランスミッションはリニアトロニックで、WLTCモード燃費は13.0km/Lとなる。

 デザイン、機能、質感、安全といった、すべての価値を磨き上げたフラッグシップモデルのLimited EXと、SUVとしてのデザインと機能を際立たせた、よりアクティブなモデルのX-BREAK EXという2グレードが用意され、ライフスタイルに応じた愛車選びを楽しむことができる。

 安全性が高い点もポイントで、高度運転支援システムを搭載した最も進化したアイサイトである「アイサイトX」を搭載。これはGPSや準天頂衛星みちびきなどからの情報と車線単位の道路情報を持つ3D高精度地図データを組み合わせることで、自車の位置を正確に把握。運転支援機能を大幅に拡張できるというテクノロジーだ。

 また、安全性能に強いこだわりを持つSUBARUの車は、スタイリッシュなエクステリアデザインを実現しながらピラー形状の最適化などによって全方位で死角を低減。危険をいち早く察知することができる。

 自動車安全性能2021の最高評価であるJNCAPファイブスター大賞をスバル レガシィ アウトバックが受賞していることもトピックで、予防安全性能評価、衝突安全性能評価、事故自動緊急通報装置評価のすべてにおいて高評価を得ている(自動車アセスメント JNCAPは国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構 NASVAが実施する自動車の安全性能評価のこと。実車を用いての第三者機関による評価)。

 フロントに搭載されているパワーユニットは、SUBARUが理想のパワーユニットとして独自に磨き続けてきた水平対向エンジン。排気量は1.8リッターで、直噴ターボ“DIT(Direct Injection Turbo)”となる。

 日常での扱いやすさが重視され、低回転域から300N・mの高トルクを発生。ドライバーがアクセルを踏み込むとしっかりとした加速感が得られ、高速道路上での合流や追い越しなども安全かつ気持ちよく行える。

 少ない燃料でより多くのエネルギーを生み出す最新技術リーン燃焼などの採用により、優れた環境性能も実現しており、レギュラーガソリン仕様のため、経済性にも優れている。

 水平対向エンジンは左右対称に向き合ったピストンが水平方向に往復することで互いの力を打ち消し合うため、振動が少ない点が特徴だ。エンジンフィールは非常に滑らかで、軽量、コンパクトで低重心な構造がもたらす運動性能の高さもあり、あらゆるシーンで爽快な走りを楽しめる。

 圧倒的な開放感と包まれるような安心感を併せ持つ上質な室内空間を実現。ドライバーは、操作や判断のほとんどを視覚からの情報に頼っており、そのことを熟知しているSUBARUは優れた視界性能を確保。コーナリング時、右左折時、後退時も安心して運転できるようにしている。

 X-BREAK EXのシート(写真)は、シート表皮のマテリアルとして、アウトドアでハードに使い倒せる機能的なポリウレタン素材を採用。Limited EXのファブリックシートは、落ち着きのある内装をチョイスしたいユーザーに向けたもので、座り心地にこだわった仕立てを追求。座り心地のよさや身体を受け止めてくれる安心感を、ふっくらとした(モール)糸と光沢のある糸で織り込んだ地厚な生地で実現している。

 オプションのナッパレザーは、SUBARUのフラッグシップに相応しい質感を堪能したいユーザーに向けた最上級のシート。ナッパレザーは、しなやかで自然な触感が心地よい高級皮革素材で、プレミアムブランドで採用されているものだ。
 ホールド性を中心にさまざまな革を比較し、しっとりとしたタッチ感や表面の滑らかさにこだわっている。カラーは、上質さとアクティブさを兼ね備えた華やかなタンと、都会的かつフォーマルで落ち着いた印象のブラックを用意。

 スバル レガシィ アウトバックのユーザーがアウトドア・アクティビティで愛車をどのように使っているのかを検証し、X-BREAK EX(写真)は汚れが付きにくく、付着しても落ちやすい、汚れが目立ちにくい機能的な内装を実現。撥水ポリウレタンは撥水性に加え、透湿性も優れており、長時間乗っていてもムレが少なく、手触りもいいのが特徴。シートが大きいので、ゆったり座れる点、前席、後席共に備えたシートヒーターや後席用ベンチレーションがある点も特筆すべきポイントとなる。

 リアゲートを開けると現れるラゲッジルームは、隅々まで効率よく使えるフラットな大空間。容量は561L(VDA法/カーゴフロアボード上部:522L、サブトランク:39L)。ワイドな開口部で大きな荷物も積みやすい。汚れた荷物も気軽に収納できる床下のサブトランクも備える。

 リアシートは、カーゴルームからでもレバー操作で簡単に前へ倒すことができる6:4分割可倒式を採用。リアシートを倒すと、荷室フロア長が1677㎜もある大空間のフラットフロアが出現する。荷物の量や大きさなど、さまざまなシーンに合わせてカーゴルームを自在に拡張できるため、MTBのような自転車も積むことが可能。

■■スバル レガシィ アウトバック■■
¥4,147,000~ 
お問い合わせ先:SUBARU お客様センター ☎0120-052215
https://www.subaru.jp/legacy/outback/

全長×全幅×全高=4,870×1,875×1,670㎜ 車両重量=1,680㎏ エンジン=水平対向4気筒DOHC16バルブターボ 総排気量=1,795㏄ 最高出力=130㎾/5,200-5,600rpm 最大トルク=300N・m/1,600-3,600rpm 燃料消費率(国土交通省審査値)WLTCモード=13.0㎞/L *数値はX-BREAK EX

次ページ:「移住者にも好評! その人気に迫る」

この記事のタグ

田舎暮らしの記事をシェアする

田舎暮らしの関連記事