田舎暮らしの本 Web

  • 田舎暮らしの本 公式Facebookはこちら
  • 田舎暮らしの本 メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本 公式Instagramはこちら
  • 田舎暮らしの本 公式X(Twitter)はこちら

田舎暮らしの本 7月号

最新号のご案内

田舎暮らしの本 7月号

6月3日(月)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

サーフィン、飲食店、キャンプ場。暑くない海のまちで熱く生きる!【海暮らし in 千葉県勝浦市】

自然と触れ合いながら子育てしたいと、移住を決意。趣味のサーフィンもできる環境を求め、巡り合ったのが海も山も近い勝浦だ。朝サーフィンをしてから、飲食店&キャンプ場で働く、夢のような暮らしを送っている。

掲載:2023年5月号

千葉県勝浦市の尾名浦(おなうら)のめがね岩

千葉県勝浦市の尾名浦(おなうら)のめがね岩。

千葉県勝浦市(かつうらし)
千葉県の南東部、南房総国定公園の一角を占め、人口約1万6000人。漁業と観光で栄え、400年以上の歴史を誇る「勝浦朝市」や、東洋一の規模の海中展望塔などを有する。全国有数の水揚げ量を誇るカツオや、ご当地グルメ「勝浦タンタンメン」など、食も豊かだ。東京駅から勝浦駅まで特急で約90分。

 

アットホームな飲食店&キャンプ場を開業

千葉県勝浦市に移住した齋藤さん家族。家から近い鵜原海岸で

波が穏やかで、透明度の高い鵜原(うばら)海水浴場で。齋藤祐之介(ゆうのすけ)さんと侑奈(ゆうな)さん、善之助(ぜんのすけ)くん(6歳)、優愛奈(うあな)ちゃん(3歳)。子どもたちは波打ち際で遊ぶのが大好きだ。

「勝浦は、海はきれいだし、サーフスポットもリーフ(海底が岩)やビーチ(海底が砂)など、バリエーションに富んでいる。最高の住み心地です」

 そう話すのは、勝浦市に2020年8月に移住した齋藤祐之介さん(37歳)だ。妻の侑奈さん(37歳)とともに、海から車で10分ほどの里山で飲食店&キャンプ場「BLACK RAMS(ブラック ラムズ)」を営んでいる。

 東京都生まれの祐之介さんは、都内で営業マンをしていたが仕事を辞め、サーフィンやアートを学びたいと、結婚したばかりの侑奈さんとともにハワイへ留学した。

「長男の出産で帰国し、東京でさまざまな仕事をしていましたが、子どもをのびのび育てたいと移住を考えはじめました」

 サーフィンが毎日できること、東京に近いことなどの条件から、外房で家を探した。そんな折、千葉県主催の移住イベントで勝浦市の担当者と、地域活性や移住支援などの活動をしている妙海寺の住職に出会う。その住職から街道沿いにある野菜直売所だった店舗を紹介され、近くに賃貸の家も見つかった。

 店舗の持ち主から自由にしていいと言われ、アーティストでもある祐之介さんが自分で改修。

「地域の皆さんや友人が手伝ってくれたり、材料や家具を譲ってくださったり。本当に助かりました」

 食事のメニューは、手軽に食べられるブリトー。広い敷地にはキャンプサイトのほか、手づくりの遊具があるプレイスペースも設けた。街道に面しているので、森のなかの野趣あふれるキャンプ場とは異なるが、平坦で子どもが安心して遊べるとファミリー層に人気となっている。

千葉県勝浦市のキャンプ場「BRACK RAMS」で

店に併設されたキッチンカーで侑奈さんがブリトーを調理。デッキや看板などは、祐之介さんがつくった。

千葉県勝浦市のキャンプ場「BRACK RAMS」のブリトー

こだわりの特製ラム肉のブリトーと、勝浦産シイラをフライにしたマヒマヒのブリトー。ともに800円。

千葉県勝浦市のキャンプ場「BRACK RAMS」店内

DIYで改修した店内は、ハワイアンスタイル。販売している絵やグッズのデザインなどは祐之介さんの作品。

子どもたちの学びの場をつくりたい

「勝浦市は100年以上、一度も猛暑日(一日の最高気温が35度以上の日)がないんです。夏は涼しく、冬は暖かくて過ごしやすいんですよ」と祐之介さん。

 侑奈さんも「きれいな海があって、山も近くて。子どもをのびのび育てるにはいい環境です。不便なところもありますが、それもまた楽しいです」と笑う。

 祐之介さんは、毎朝、サーフィンをしているという。子どもたちも、海で遊ぶのが大好きだ。

 近年、勝浦市には若い移住者が増えてきている。「同世代の人たちと仲よくなって、勝浦やサーフィンなどの話をよくします。これから勝浦をもっと盛り上げていきたい」と祐之介さんは話す。さらに子どもたちの教育にもかかわっていきたいと考えている。

「アーティスト活動やものづくり、海での遊びなどを通して、子どもたちの考える力や生きる力を育む〝学びの場〞をつくりたいですね。地域の子どもたちが、人生で大きな波にぶつかっても、乗り越えられるようになってほしいと思っています」

 フラダンスのインストラクターの侑奈さんも、「店でフラダンス教室をしたい」と話す。

 さらに将来は、勝浦と海外の二拠点生活をしたいと夢は大きくふくらむ。

千葉県勝浦市のキャンプ場「BRACK RAMS」のイベント

「BLACK RAMS」では、常連のお客さんの演奏やハワイアンライブなど、定期的にイベントを開催している。

千葉県勝浦市のキャンプ場「BRACK RAMS」で遊ぶ子どもたち

キャンプ場の広場には、滑り台やブランコ、ツリーハウスなどの手づくり遊具がたくさん。善之助くんも、優愛奈ちゃんも元気に遊ぶ。

 

齋藤さんに聞いた「海暮らし」のここがいい!

 

①朝夕にサーフィンができる
朝サーフィンをして、昼は働き、夕方も時間があれば海へ行く。そんな暮らしができるのは海が近いからこそ。

②魚が新鮮でおいしい!
水揚げ量が千葉県第2位の勝浦漁港があるので、魚介が新鮮。友人の漁師さんからいただいたカツオが、おいしくてびっくりしました。

③海を眺めるとリラックスできる
海を眺めて波の音を聞いていると、リラックスできます。サーフィン以外でも海に来て、家族でのんびりしています。

 

勝浦市移住支援情報
夏は涼しく冬は暖かい! 過ごしやすく心地よい勝浦

観測史上一度も猛暑日を記録したことがない勝浦市。近年では、テレワーク移住や、釣り、サーフィン、キャンプなどのアクティビティが身近な暮らしを求め、移住希望者が増えている。市では、40歳以下の夫婦への住宅奨励金(取得・賃貸)や東京圏からの移住者への移住支援金、また高校3年生までの医療費や小・中学校給食費の無償化など子育て支援も充実。

問い合わせ:勝浦市移住・定住相談窓口 ☎0470-73-6654 
千葉県勝浦市移住「日々、かつうら」 - 日々、かつうら【千葉県勝浦市公式 移住・定住ポータルサイト】 (katsuura-iju.org)

 

千葉県勝浦市の風景

海と山どちらも身近で、自然が育む豊かな暮らしができる。

千葉県勝浦市はカツオの水揚げが関東一

カツオの水揚げが関東一多い。初ガツオの水揚げは勝浦の春の風物詩。

千葉県勝浦市の地域おこし協力隊

「勝浦での新しい暮らしを応援します!」(勝浦市地域おこし協力隊・移住定住促進プロモーション業務担当の大和田里奈さん)

 

文/水野昌美 写真/鈴木千佳 写真提供/BLACK RAMS

この記事のタグ

田舎暮らしの記事をシェアする

田舎暮らしの関連記事

★最新【首都圏】2023年版12エリア別「住みたい田舎ベストランキング」【東京・神川・千葉・埼玉】

人生の大きな波も乗りこなせ! パワーある波が魅力の大洗でサーフィンを楽しみつつ、ドーナツショップをオープン【海暮らし in 茨城県大洗町】

山奥の廃村に客が続々! 絶品料理と粋な空間で魅了するお屋敷料亭【千葉県南房総市】

東京から高速バスで90分の南国でワーケーションを楽しもう! 親子で地域と交流も【千葉県南房総市】

養蜂、狩猟、DIY、森づくり。自給自足の田舎暮らしはすべてが遊び【千葉県勝浦市】

僕の農法/自給自足を夢見て脱サラ農家37年(40)【千葉県八街市】

【築100年古民家】絵本のような絶景に包まれた秘境の美しい伝統住宅!200万円の9LDKはほぼ改修不要!? 宿泊施設や飲食店にも活用可能!【福島県金山町】

海・山一望の大規模ニュータウン「伊豆下田オーシャンビュー蓮台寺高原」には素敵な物件がたくさん【静岡県下田市】

子育て移住にもオススメ! のどかな果樹園に囲まれ、教育環境も整った人気のエリア【広島県三次市】